家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

女の子への算数の教え方

イクメンパパの家庭教育 数学編

 

■数字が苦手な女の子

「12を4つに分けるのだから…」
「???」
「2/8は分母も分子も2で割れるから…」
「???」

 四つ美に算数を教えたとき、こんなふうに説明しても理解できないようだった。

 兄の二郎だったらこう言うだろう、
 「なんで解らないんだよ。バカっ!」
 そしてケンカになる(>.<)

■お菓子やケーキなら得意

「12個の飴を4人でケンカにならないように同じ数づつ分けるには…」
「!!!」
「丸いケーキを8つに切ったのを2個食べたら、4つに切って1個食べるのと同じ量だよね」
「!!!」

こういう言い方をすると四つ美は理解する。

 特に女の子は、数字という抽象的な概念で教えても頭に入ってこないようだ。ところが、数字に単位をつけて身近な物やお金に置き換えると、途端に理解できるようになる。

■数に表情を持たせて

 先日のブログで紹介した、「女の子をラクに伸ばす本」にも、「数に表情を持たせる」ことが大事だと書いてあった。

 男の子と女の子で教え方を変えなくてはいけない。そういう意味で、女子高や男子校は適切な教え方をしているのかもしれない。

 男脳、女脳、を意識して教えるようにしよう!

 

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

14 − 1 =

Return Top