家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

自分のアタマで考えよう

「自分のアタマで考えよう」 という本を読んだ。
著者は名の知れたブロガーの「ちきりん」だ。

 

chikirin

この本によると、ちきりんは学生のころ、問題集をやるときはちょっと問題を見てから解答のヒントと解答を見て「こういう問題はこうやって解けばいいのね」と解法を覚えていた。
この勉強法だとテストでいい点はとれるけど考える力は全くつかない、と社会人になってから気づいたそうだ。

私もまったく同じだ。解法を見て効率よくテストで点を取るのは得意だったけど
考える力がついてなくて技術者として伸び悩んでしまうことに大人になってから気づいた。

今まで解決法の丸覚えやパクリを駆使して生きてきたけど(笑)、やっぱ自分のアタマで考えないといかんなぁ。と改めて思った。

そんじゃーね!

 

 

 

 

 

自分のアタマで考えよう/ちきりん
¥1,470
Amazon.co.jp

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

two × 4 =

Return Top