家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

ドラゴン桜の 16歳の教科書 -数学(図形問題)編

ドラゴン桜公式副読本
16歳の教科書
なぜ学び、なにを学ぶのか

 

dragon-_sakura_16

 

 

この本の紹介の続き。

 

3時限目 数学(図形問題) 高濱 正伸 先生

数学的センス

 図形問題の回答で、「点Aから垂直に伸びる補助線を引くと…」というようなのがある。正解を見ると分かったつもりになる。でも、なぜその補助線が浮かぶのか、はさっぱり分からない。補助線が見えるのは数学的センスの問題。センスがないと必ずどこかで壁にぶつかってしまう。

 

 では、数学的センスを磨くにはどうしたらいいか? 図形とにらめっこしていても補助線が見える力は身につかない。パズルなどを遊びながらやることで少しづつ脳が発達していく。

 

→やはり数学的センスはすぐに身に付くものではなく、脳を徐々に鍛えていくってことが必要みたいだ。

 

できなかったを復習するノート術

 できなかった問題を復習してノートを作るとよい。そこにできなかった理由と問題のポイントも書く。そこには、
「よくわからなかったから」「次はがんばる」
とか書いても意味が無い。

 

理由は「展開図にするという発想がなかった」
ポイントは「最短距離を求める問題では、展開図にするとよい」
というように書いておく。このノートが溜まっていくと実力も溜まっていく。ビジネスの世界ではこれをPDCAサイクル(Plan/Do/Check/Action)としてやっている。

 

→たしかにこれはPDCAだな。こういったノートは数学でも仕事でも使えそうだ。作ってみるか。

 

現実の厳しさを知ること

 今の教育現場で一番足りないのは、「世の中って甘くないんだゾ」というメッセージだ。トラブルがあると親や教師が過保護な対応で助けてしまう。でも大人になるとノルマもあればいじめもある。本当の教育とはそういう厳しい社会でも耐えられる人間を育てること。

 

 大学入試では初めて「世の中は厳しい」という現実に直面することになる。たった1点で浪人が決まってしまったりする。受験とは「一人前の大人」にしてくれる大きなチャンスだ。

 

→いいことを言うねえ、と思った。うちも過保護にしちゃってるからなぁ。むしろ一度受験に失敗して浪人を経験した方がいい経験になるのかもしれないね。そんなことは本人には言えないが(^_^;)。

 

キンコーン、カンコーン
今日はここまで。

 

関連ブログ
 ドラゴン桜の 16歳の教科書 国語編
 ドラゴン桜の 16歳の教科書 数学(計算問題)編
 ドラゴン桜の16歳の教科書 社会編

 

¥819

Amazon.co.jp

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

18 + eleven =

Return Top