家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

親子で楽しむエクセルプログラミング

失敗学実践講義を読んで失敗を活かそう!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

失敗から学んで成長しよう、という失敗学の本を紹介します。

失敗学実践講義
        畑村洋太郎著

失敗学実践講義(紙の本電子書籍

 

失敗は必ず起こるもの。その失敗から何を学ぶかを考えるのが「失敗学」です。失敗学の専門家による実例を説明した本です。

 

マニュアルが丁寧すぎると

マニュアルを示して「このとおりにやりなさい」と言うと、多くの人はマニュアルに書いてある以外のことをしなくなります。「余計なことをしなくなる」というのは管理者の狙いどおりですが、同時に作業者が「考えることをやめる」という困ったことが起こります。
(中略)
マニュアル化の最大の弊害は、マニュアルの持つ意味合いや、なぜそのようなマニュアルがつくられたかという最も大切なことを、仕事をしている人自身が考えなくなること
→子どもに対しても「このとおりにやりなさい」と丁寧に教えすぎることばかりをしていると、ただ従うだけの「いい子」になってしまいます。自分で考える力をつけさせるためには、「なぜそうするべきなのか」を考えさせなくてはいけませんね。


喉元過ぎれば熱さを忘れる

JR東日本の総合研修センターには事故の資料館が設けられており、過去の代表的な事故の原因やその事故から得た教訓、その事故をきっかけに導入された仕組みなどが展示されていました。 事故から学んだことを全て取り入れ、全社員に対して教育しているのです。
 
→一度失敗して反省しても、喉元過ぎれば熱さを忘れてまた同じ失敗を繰り返してしまうこともあります。一度失敗したことをいつまでも忘れないようにしておくことが、同じ失敗を繰り返さないようにするために大事です。

リコール隠しが起こるワケ

日本では車がリコールされると車種の価値は低くなり値段が下がります。ですから自動車メーカーは「できればリコールしたくない」と思っています。
アメリカではリコールを行った車種の価値は逆に高まり、値段が上がります。「製品には欠陥がつきものだから、それをオープンにしてきっちり対応すればその分だけ安全な製品になって信用できる」と考えられています。
→アメリカ人の考え方は意外でした。アメリカでは「失敗は成功の母」とも言われ、失敗することで人は成長する、と思われているからでしょうか。
 
それに対して日本では失敗を許さない文化があります。なので失敗をなるべく隠そうとする。ここはアメリカ人の考え方を見習いたいですね。
失敗は起こるものです。失敗しない人なんていません。
一度してしまった失敗を繰り返さないために、失敗学を学んでみましょう。

失敗学実践講義紙の本電子書籍

 

(おまけ)電子書籍ってどうやって読むの?

ここで、まだ電子書籍を読んだことのない人のために、電子書籍の説明を載せておきます。

電子書籍を読んだことのない人の中には、専用の端末が無いと読めないのではないか、読み始めるまでの設定が難しそう、などと誤解している人もいるようです。
その心配はありません。スマートフォンでもパソコンでも読めますし、設定も簡単です。

電子書籍の利点は、次の3つだと思います。

  • 読みたいと思った本をすぐにダウンロードして読み始めることができる
  • 紙の本より安い(ことが多い)。読み放題サービスもある
  • 何冊でも持ち歩ける

電子書籍はいくつもの会社が出していますが、最も蔵書数が多いのはAmazonのKindleです。Kindleの場合、紙の本と同じようにAmazonのサイトで本を選びます。Amazonにアカウントが作ってあれば、ログインして他のお買い物と同じようにクリックして購入します。

購入したページに、アプリをダウンロードするボタンがあります。そこをクリックしてスマートフォン用あるいはパソコン用の無料アプリをダウンロードします。そのアプリを起動すると、購入した本のリストが自動的に表示されるのでクリックして読むことができます。同じ本をスマートフォンで読んだりパソコンで読んだりすることもできます。

また、Kindleには月額980円で読み放題というサービス(Kindle Unlimited)もあります。たくさん読みたい人にはお得ですが、読み放題の対象となっている本は安い本(あべっかんの本を含む)なので注意してください。

Kindle以外にも電子書籍はあります。使い方はどこも似たようなものですね。

もう少し詳しい説明はこちらをどうぞ。「電子書籍も読んで読書の幅を広げよう-電子書籍の3つのメリットと入門方法」



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

ABOUT THE AUTHOR

あべっかん
私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

Leave a reply

*

fifteen + eighteen =

Return Top