家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

下剋上受験 -この父親は中卒だけどかなりすごいゾ!

下剋上受験 が金曜ドラマで始まります。

その原作「下剋上受験」両親は中卒 それでも娘は最難関中学を目指した! を読んでみました。

ここでは、テレビドラマのストーリーとは関係なさそうな原作に書かれた情報を紹介します。ちなみに実話です。

こんな場所にいてはいけない

中卒の父親が、小学生の娘を名門中学である桜蔭学園を受験させようと思い立ちます。そして塾はお金がかかるので自分で勉強を教え始めるのです。

ウェブサイトやSNSを覗くと高学歴らしき人たちはとんでもない語彙を操っている。ある書き込みで「職業に貴賤なし」という言葉が出ていたがそんな言葉は聞いたことがない。私の親類や友達20人に聞いても誰も知らないだろう。

中卒だと高学歴の人と話が通じない。これではまずい。こんな場所にいてはいけない。と思って娘を高学歴にしてこの世界から抜け出そうとします。しかし塾にはお金がかかる。なので父親が自分で娘に勉強を教え始めるのです。

とは言っても中卒の父親も勉強が分かりません。娘と一緒に勉強することになります。

ここまでやるとは!

やると決めると、この父親は参考書や問題集を10万円使って買いそろえます。大型コピー機も月々24000円払って借りてきました。

しばらくして、算数の計算問題でやっていて壁に突き当たりました。すると「中学入試 計算名人免許皆伝」というテキストを見つけます。そこには画期的な解き方が書いてあったので父親は感動します。

165×32は筆算で解いてはいけません。244÷4も。162×2×2×2×2×2 とか、244÷2÷2 だと気づけば素早く解けます。

また、20までの素数を空で言えるようにしておく、その素数の倍数を掛け算九九のように覚えておく。どんなときに役に立つのか、どれほど大きな武器になるのかを知ったうえで覚えておくようにしました。

 

→なんか、この父親はすごいです。これだけできるなら中卒でなくて大学にも行けたでしょうに。

私も三奈が中学受験するときには一緒に勉強をしました。けれどもこの父親にはとてもかないませんね!

このあたりだけでもこの本を読んでおくとためになりそうです。

テレビドラマでは?!

1月13日からテレビドラマが始まります。父親役が阿部サダヲで母親役が深田恭子です。

もっとおバカキャラを使ったほうが中卒からの下剋上、という感じが出るような気もするのですが。

でも、阿部サダヲはそれなりにいい味を出してくれるのではないでしょうか。楽しみです。

 

下剋上受験

※今日も読んでいただいてありがとうございます。ついでにこちらもよろしくお願いします。

イクメンから教育パパにキャリアアップする方法 小学生のパパ編/中学生のパパ編 Kindle版電子書籍

この本にも、下剋上受験ではないですが、家庭で親が子どもに勉強を教える方法を書いてあります。

いずれもKindleUnlimited対象なので980円で読み放題できます!

Follow me!

About あべっかん

四児の父・あべっかんです。 四人の子どもを育ててきて思いました。今の学校や塾をアテにしすぎてはいけない。学校は最低限のことしかやってくれないし、塾はお金ばっかりかかる。 子どもには家庭教育が大事なのです。では親はどうすればいいのか? このブログで私も試行錯誤しながら追及していきます。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

three + 13 =

Return Top