家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

逆算手帳に未来を書き込むと毎日がワクワクしてくる

逆算手帳の説明に加えて、今回は実際に書き込んだ具体例を紹介します。

逆算手帳とは

以前のブログ「逆算手帳に未来を書き込んで夢を叶えよう」逆算手帳という手帳を紹介しました。
これは自分の未来の夢や目標を実現するための計画手帳です。
 
今回は私が書き込んだ具体例も含めて説明します。
 

未来の自分を夢見て計画を立てる

 
まずはやってみたいことを100個書き出します。
 
次にLife Visionのページに、未来の自分がどうなっているかを想像して描いてみます。
このページはイラストや写真も入れてカラフルにして、見るだけでワクワクするように仕上げるといいようです。

(写真は逆算手帳の見本としてついていたものです)
 
プランを書くページには、10年後になっていたいこと、5年後になっていたいこと、そのために1年後に達成していたいこと、を書きます。そしてさらにこの1年間で、1月にこれをやって、2月にあれをやって、と計画を書き込んでいきます。これだけ綿密な計画を立てれば目標を達成できそうですね。
 

目標を達成するだけではなく、プロセスを楽しむ

この手帳の目的は目標を達成することだけではありません。
実現しようとして小さな行動を積み重ねるプロセスを楽しんでごきげんな毎日を過ごす、ということも手帳の目的だと、逆算手帳の作成者のコボリジュンコさんは言っています。

(写真は逆算手帳の見本としてついていたものです)
 
カラフルに書き込んだ手帳を見ながらニヤニヤして毎日を過ごすというのもいいものでしょうね。
 

あべっかんの逆算手帳は?

まずはやりたいことを逆算手帳に書き出しました。100個書く欄があるのですが、今のところ70件程度しか埋まっていません。

70個の中には、「静岡のおでん屋に行く」とかやろうと思えばすぐできるものもあります。一方、実現が難しいであろうものも書いています。

Life Vision のページを以下のように書いてみました。絵を描いたり写真を貼ったりシールを貼ったりしてカラフルで楽しくなるように仕上げました。


(あべっかんが書いた例:一部の文字は消してあります)

そしてそのあとのページには、私がこのサイトも使ってやりたいと思っている、「親子に対してExcelのプログラミングを教える」ということをするために、いつまでに何をするかを書いていきました。

今年中に事前調査を進める、1月から提供する具体的な形を決める、2月から必要なものを作りこむ、といった具合に。

そういったことを書き込むことで、目標達成のためのステップが明確になりました。

そして逆算手帳のもう一つの目的、実現しようとして小さな行動を積み重ねるプロセスを楽しんでごきげんな毎日を過ごす」ということについても、この書き込んだ逆算手帳を毎日見ながらニヤニヤする、ことができるようになってきました。

 

逆算手帳は夢を叶える「ひみつ道具」

逆算手帳に書き込むことで、目標達成のためのステップが明確になり、また、眺めるだけでワクワク感を持てるようになりました。

実際に、逆算手帳に書き込んだことで夢が実現した例もあるようです。こと細かくやるべきステップが書いてあるのでその通りにやれば実現するのは当然なのかもしれません。

ドラえもんのひみつ道具に「あらかじめ日記」というものがあります。この日記に書いたことは必ず実現するのです。逆算手帳は「あらかじめ日記」と同じようなひみつ道具なのかもしれません。

逆算手帳はここで注文できます。

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。

4日ほど前から、このブログにアクセスするとエラー表示が出てサイトが見られないという障害が発生していました。見に来てくださったかた、すみませんでした。
原因はよくわからないのですがとりあえず復旧しましたので、今後も引き続き見に来てください。



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

20 − 18 =

Return Top