プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

イラスト版 人前で話すこつを読んで発表力を伸ばそう!

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

先日のブログ「役者脳トレーニングで子供の発表力を伸ばすには?!」で紹介した役者脳トレーナー海野美穂さんの本を紹介します。

イラスト版 人前で話すこつ

子どもの発表力をのばす52のワーク

                                                海野美穂著
 

「イラスト版 人前で話すこつ」
この本は、緊張して人前でうまく話ができない子どものために書かれた本です。
 

緊張しないように、ハプニングにもあわてないように

緊張しなくなるためにはどうしたらいいか、さらにはハプニングが起きても動じないためのコツが書かれています。イラスト付きで子ども向けの言葉で書かれているので小学生が自分で読むようになっています。
以下のようなケースのために取るべき方法が書かれています。
  • 緊張しすぎて息ができない
  • みんなが見てる! 頭が真っ白になっちゃいそう
  • 話すことでせいいぱい! 身ぶり手ぶりなんてつけられないよ
  • 動きがかたいっていわれちゃった
  • いいたいことがうまくことばにできない
  • 原稿が1枚足りない! なんとか間をもたせなきゃ
→うちの小学6年生の四つ美は、人前に出ること、舞台に上がることは好きです。ピアノのコンクールに何度も出て、注目されることを心地よく思っているようです。ところが言葉で説明するのは苦手で何を言っていいのか分からなくなってしまうことがあります。こんなケースでも使えそうな例がいくつか載っていました。
 

みんなの反応がうすい ぼくの話ってつまらない!?

自分が話をしても、みんながずっと黙ったままで無表情だったりすると、聞いてくれていないんじゃないか、自分の話はつまらないんじゃないかと思ってしまう。
 
テレビを見るときに鏡を隣に置いてときどき自分の顔を見てごらん。テレビの内容をちゃんと聞いていても、真顔だったり無表情だったりしていないかな? 聞き手も緊張すると無表情になるが聞いていないわけではない。
 
→聞き手が無表情でも心配することはない。ちゃんと聞かれているそうです。

「間」をとると、聞き手はうなずきやすい!

変な間があいちゃうのでは?不安になるかもしれない。でも、しつこいくらいに間をとってもまったく問題ない。
ひとことづつ、相手が返答してくれたかように自分の心の中で相手が話し終えるのを待つくらいに間をとってみると相手もうなずきやすくなる。
 
→発表に自信がないと早口になり間がとれなくなってしまうものです。まずは落ち着いてゆっくりと間をとってみましょう。

呼びかけをして、みんなに参加意識をもってもらおう

 
質問はありますか?と聞いたらシーンとしちゃった。どうすると盛り上げることができたのかな。

みんなに参加意識をもってもらうことが重要だ。発表の中にみんなが答えられるような呼びかけを入れておく。「どう思いますか?」というように聞くと聞き手もどう答えていいか迷ってしまうので、「桃太郎のお話を知っている人は手を上げてください」のように答えられる呼びかけをして参加してもらう。
 
→応用編の章では、子どもだけでなく大人が読んでも役に立ちそうなことが書かれています。内容がちょっと深くなっています。
 

会話でドラマチックに説明しちゃおう!

ぼくが勉強をしないと母は鬼のように怒ります、のようにただ説明だけをしても盛り上がらない。会話にして、ぼくが勉強をしないと母が「たけし! いつまでマンガ読んでるの!勉強しなさい!」まるで鬼のようです。とした方が発表がいきいきとしてくる。
 
→たしかに、会話文を入れて話してが演技したほうが話が盛り上がるでしょうね。盛り上げ上手な話し手はこのようにドラマチックな説明を使っています。
私はちょうど今週末にセミナーで発表する機会があるので使ってみたいと思います。
 
このように、子ども向けに書かれた本でありながら、大人にも役に立つことが書かれている本です。人前で発表することが多い人は読んでおきましょう。

「イラスト版 人前で話すこつ」



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

9 + 18 =

Comment on Facebook

Return Top