家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

月刊ジュニアエラ 6人に1人が貧困状態だって?!

1からわかるニュースマガジン
月刊ジュニアエラ7月号
恒例のジュニアエラの紹介です。
ジュニアエラ 2015年 07 月号 [雑誌]/朝日新聞出版

 

■格差について考えよう

 日本の子どもたちの6人に1人「貧困状態」にあると言われている。貧困状態とは収入が中間的な人の半分未満であること。給食費が払えない、修学旅行の積立金が払えない、家に帰っても食べるものがない、必要な洋服や本を買ってもらえないなどの状況が広がっている。

 その原因は正社員と非正社員の格差にある。親の収入が低いと子どもが教育を受ける機会が制限される。すると子どもの収入も低く抑えられて貧困が連鎖してしまう。

→6人に1人、というのはずいぶん多いので驚いた。テレビでも言っていたが、昔の貧困者は身なりですぐに分かったが、今の貧困者は一見分からないらしい。隠れ貧困者が身近に大勢いると思うとたいへんだ。

 

■特集 女と男はどこが違うの?

 生物はオスとメスに分かれていた方が絶滅しにくい。ミドリムシのような無性生殖だと子が親と同じ遺伝子を持つので環境が変わると絶滅する危険がある。オスの親とメスの親から異なる遺伝子をもらう方が違う性質の子が生まれるので、環境に適応できるものも残るからだ。

 男は仕事、女は家事、という性別分業は高度経済成長期に定着した。共働きが多くなった今でも、日本では男性は労働時間が長く、女性は出産後に正社員で働けないという状態が続いており問題になっている。

 

■明治日本の産業革命遺産が世界文化遺産に

 長崎の軍艦島などが世界文化遺産に登録される見通しとなった。しかし韓国政府は日本の植民地時代に朝鮮出身者が強制労働させられたとして反対している。これに対して日本側は、近代産業遺産群は1910年以前の話であり時代が全然違う、と説明している。

→最近やけに世界遺産が多くなっているなあ。ちょっと多すぎじゃないの、とさえ思う。世界遺産にすれば観光客が増える、というのもなんかみんな安易だなあ、と思ってしまう。

 そのほかにもこんな記事が。
・沖縄・辺野古から日本を考える
・原発再稼働を禁ずる決定が出た
・新銀行「AIIB」で存在感を増す中国
・サッカー日本代表の新監督はどんな人?
・誰も見たことがない昆虫の生態

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
今週は中学生の二郎と三奈は中間テストです。大丈夫かなあ?!

ジュニアエラ 2015年 07 月号 [雑誌]/朝日新聞出版
¥490
Amazon.co.jp

Follow me!

About あべっかん

四児の父・あべっかんです。 四人の子どもを育ててきて思いました。今の学校や塾をアテにしすぎてはいけない。学校は最低限のことしかやってくれないし、塾はお金ばっかりかかる。 子どもには家庭教育が大事なのです。では親はどうすればいいのか? このブログで私も試行錯誤しながら追及していきます。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

eleven − ten =

Return Top