家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

神速スモール起業 を読めば24時間で起業できる?!

神速スモール起業
   小山竜央著作
ビジネスの第一歩の踏み出しかた

「神速スモール起業」

本書を90分で読み終え、1万円以内かつ24時間以内に、あなたのビジネスを立ち上げ、1ヶ月以内に結果を出す
ための本になっています。

知っているだけで大きな差がつく14の神速ツール

起業する上で便利なツールやサイトが紹介されています。
  • 仲間を集めてビジネスを進めるオンラインサロン
  • ちょっとした相談を専門家にコンサルしてもらうサイト
  • 自分の得意を売り出せるフリーマーケット
  • たった5分でホームページが完成
  • ホームページの問題点を人工知能が改善
  • 送信したメールをほぼ100%開封させる
  • 口コミを起こす
→いくつかは知っているものもありましたが、意外なものもありました。この情報は役に立ちそうです。

好きなことの中の「不」を探し出す

スモールビジネスを考える際、「自分には何ができるだろう」という視点で考え始めると思います。
あなたが「やれること」はどうでもいいのです。あなたに何ができたとしても、それを求める人がいなければ話になりません。あなたの趣味における、不平、不満、不安、不具合、不完全、不似合い、不都合を挙げればいいのです。その「不」を解決することをビジネスにすればよいのです。
 
→自分ができることを商売に、というのではなく、あくまでも顧客が困っていることを解決することを商売にしましょうということですね。

安さアピールは逆効果

「他の講座よりも お安くなっています」
という具合に、「安い」という言葉はチープな印象を与えてしまいます。同じ表現なら「経済的」と表現したほうがいいでしょう。
 
「価格、値段、コスト」という言葉より、「投資」とか「授業料」という言葉の方が「あなたにとって価値があるもの」という印象を与えられます。
 
→安くすることで自分の価値を安くしてしまうというのは、「なんか知らんけど人生がうまくいく話」にも書かれていました。ここではさらに、「料金」を「授業料」にしたほうがいいということが書いてありましたが、なるほどと思いました。
 
→この本は、本書を90分で読み終え、1万円以内かつ24時間以内に、あなたのビジネスを立ち上げ、1ヶ月以内に結果を出す
という本でしたが、 24時間以内にビジネスを立ち上げるというのはさすがに私はできませんでした。
 
私ができたのは、本屋さんから帰宅してから90分以内にこの本を読み終えたことだけでした。
 

 ※今日も読んでいただいてありがとうございます。
この本を読んで、誰か24時間で神速企業してみてください!!



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindlwUnlimited対象の電子書籍です。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

sixteen − seven =

Return Top