家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

「ミックス。」 -大切なのは「楽しんでやること」と「応援力」

ミックス。


 「ミックス。」は、現在上映中の新垣結衣主演の映画。その原作本を読んでみました。(ネタバレなし)

「ミックス。」とは

ミックスは卓球のミックスダブルスのお話です。

主人公の多満子(映画では新垣結衣)は元天才卓球美少女。子どものころに卓球選手であった母親に鍛えられて卓球で活躍していましたが引退。15年のブランクのあと、亡き母がやっていた寂れた卓球クラブのコーチをすることになりました。

そして卓球初心者の元プロボクサー(映画では瑛太)と組んでミックスダブルスで全日本選手権出場を目指すことになります。

全日本選手権出場を賭けた試合のクライマックスで、多満子のペアは因縁のある敵と戦います。

映画では、卓球大会のシーンで実際の選手、水谷準石川佳純も出演しているそうです。水谷選手は「映画の撮影の方がオリンピックの試合より緊張した」と語っていました。

(写真は昔私が福原愛が出場した試合を見に行ったときのものです)

みんなの応援で強くなる

多満子が弱小卓球クラブを強くしたいと思っていると、いろいろな人が応援してくれました。天才卓球少女だったころの多満子を知っている人たちが、卓球クラブを宣伝してくれたり、コーチ役を紹介してくれたり、練習試合に来てくれたり。そして大会のときには大応援団が駆けつけました。
 
何か活動を起こしたときには、意外な人が応援してくれることがあります。その応援のおかげで成功した、応援がなければうまくいかなかっただろう、などという話も何度か聞いたことがあります。
 
日ごろから、情報発信をしておくこと。できるときには他人を応援しておくこと。それを日ごろから繰り返していれば、「情けは人の為ならず」で応援してもらえるのです。お互いに応援することは大事ですね。
「応援力」を大切にしましょう!

「厳しさ」だけでなく、「充実感」や「楽しさ」も教えよう

多満子は子どものころ、元卓球選手の母親に鍛えられました。泣いても高熱が出ても練習を休むことは許されず、厳しく鍛えられました。強くなって天才卓球美少女と呼ばれ有名になりました。けれども多満子にとって卓球は辛いものであって楽しいものではありませんでした。
 
ところがアラサーになって自分が中心となって弱小卓球クラブを率いる立場になると変わりました。卓球の練習が楽しい。もっとたくさん練習したい。仲間を強くしてあげたい。「卓球が楽しい」というのは子どものころにはなかった気持ちです。そして「楽しい」と感じながらやると成果も出たのです。
 
子どものため、と思って習い事などで子どもに厳しいことを課すことはありがちなことです。ものごとを習得するための厳しさを体験することは必要なことです。しかしながら、厳しさだけがずっと続くという教育は良くないと私は思います。
「子どものころに〇〇をやらされたけど楽しいことはなかった」と、嫌な記憶として残るだけになってしまいます。
 
子どもが厳しさの中にも「充実感」や「楽しさ」を感じられるように、その子の実力や性格に合ったレベルの習い事をやらせることが大切です。楽しんでやれるようにしましょう。

原作本を読むということ

私は映画やテレビドラマの原作本を先に読むことがよくあります。映画やドラマだと、映像があるので受け身になります。ところが本を読むと活字から画面を自分の頭で想像することになります。想像を膨らませておいてから、映像を見てみると予想外のものがあったりしてまた楽しめたりします。
 
私は映画「ミックス。」はまだ見ていませんが見に行きたくなりました。

こちらのサイトで映画「ミックス」の予告編の動画を見ることができます。ちょっと覗いてみてください。

※今日も読んでいただいてありがとうございます。

「ミックス。」の原作本はこちらです。



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindlwUnlimited対象の電子書籍です。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

seven + 18 =

Return Top