家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

なぜ僕は4人以上の場になると極端に会話が苦手になるのか -3人組が最適!?

なぜ僕は、4人以上の場になると極端に会話が苦手になるのか

人が増えるほどいやになる 原因と対策を徹底究明
                   岩本武範著


「なぜ僕は4人以上の場になると途端に会話が苦手になるのか」

本屋でこの本を目にして、「あるある」と感じて思わず買ってしまいました。今日はこの本について書きます。

グループインタビューでの気づき

筆者はマーケターとして、グループインタビューをよくします。4人ぐらいの人に会議室に来てもらって商品や店舗について意見をうかがい自由にディスカッションしてもらいます。

インタビュー前の僕と2人きりの雑談では、普通に話していた人が4人以上の集団になった瞬間、口数が目に見えて減ってしまう。

それに、3人でのグループインタビューだと話せない人が出たり、気まずい空気が流れたりすることはないのに、4人以上の場だとなぜか沈黙する時間が増える。こんなことが何回も何回も続いたのです。

→これは面白いですね。でもなんとなくわかる気がします。

私も2人で飲みに行って話をするのは好きなのですが、大勢で飲みに行くとあまり話ができずに終わってしまうことが多いです。ですからじっくり話したいときには2人のサシにしています。
3人なら2人とあまり変わらないかもしれません。でも4人以上になると共通の話題を選んでしまいますし、個人的な悩みなどは話しにくくなってしまいます。3人と4人の間に大きな違いがあるというのは納得できます。

何かアイディアを出したいときに小グループに別れて話をするときがあります。そんなときは4人以上のグループにせずに3人のグループに別れた方が多くのアイディアが出てくるかもしれませんね。

陳列を3列から4列に変えたら売り上げが落ちた

ある調味料の陳列を並べたとき、1列に置くよりは2列、2列よりは3列で陳列したほうが売り上げが伸びました。
ある店舗では手違いで4列で並べたところ売り上げは減りました。翌日3列にしたら売り上げが伸びました。

人間の脳は3つまでなら処理できるけど、4つになると処理が追い付かなくなるのです。

→陳列棚を3列にするか4列にするかで売り上げが明確に変わってしまうのは面白いですね。

プレゼンテーションをするときも、ポイントを3つにするとよい、と言われています。多すぎると忘れられてしまって聞いた人の印象に残らないのです。
私もなるべくポイントを3つにするように心がけています。

余談になりますが、今私が執筆中の新しい本もポイントを3つにまとめています。仮タイトルは

「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を身に付けさせる3つの方法」

です。(タイトルは変わるかもしれません)ただいま編集中です。これまでの本とちょっと違う感じで書いています。ご期待ください!

では、もとの「なぜ僕は、4人以上の場になると極端に会話が苦手になるのか」の話に戻ります。

3と4の間にある壁

2人組のB'zは稲葉さんと松本さん。3人組のPerfumeはのっち、あ~ちゃん、かしゆか。ところが4人組になると途端に曖昧になる。あれ、2人くらいぼんやりしている人がいる。

SNSはどうでしょう。Facebook,Twitter,インスタングラムなどいろいろありますが、2つ、3つは取り組んでいても、4つやっている人は稀ではないでしょうか?

→あべっかん家は6人家族。4人兄弟ですがこれは多すぎて会話が出にくくなったりしているのでしょうか? 全員そろったときはそういうことがあるかもしれません。
でも、全員そろっていることの方が少ないです。家族3人とか兄弟3人がいて話をするときが多いですから問題ないのではないでしょうか。

→たしかに3人組のPerfume は仲がよいですが、5人組のSMAPは分裂してしまいました。これが48人グループになると派閥がいくつもできてしまいますね。3人だと分裂もしようがないので3人組が一番いいのかも。でもその昔、3人組の○○○○隊はMっ君とYっ君の仲が悪くて解散しましたけど。

ただ、4人組5人組くらいなら私はメンバー名を覚えられますよ。V6になると怪しいですが。。。

身振り手振りを交えると話が弾むわけ

手や指を動かすと前頭葉が活性化されます。会議中でも飲み会中でも、手をグーパーグーパー握ったり開いたり繰り返すと前頭葉が活性化されて会話が進みます。
ジェスチャーを交えて話す人も、のってくるとジェスチャーがどんどん大きくなりさらに活性化されて会話が加速します。

指を回す動作も効果があります。グループインタビューの前にやってもらうと予定時間を超えても話が止まらないことがよくあります。

→なるほど。会議や飲み会ではグーパーを繰り返したり指を回すといいようですね。

→このほかにも、脳と会話の関係や会話を加速させるための方法がいくつも書かれています。
なぜ3人までがいいのか、4人以上でもうまく話ができるようにするにはどうしたらいいのか、
詳しく知りたい人は読んでみてください。

「なぜ僕は、4人以上の場になると極端に会話が苦手になるのか」紙の本電子書籍

※今日も読んでいただいてありがとうございます。あなたは4人以上の場でちゃんと会話ができますか?



「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindlwUnlimited対象の電子書籍です。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

four × 2 =

Return Top