家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

老後の資金がありません、はフィクションでよかった

老後の資金がありません
             垣谷美雨著

RogoNoShikin 
今日はこの小説を紹介します。

 

 

 

■突然ふりかかった金難の数々

 主人公の後藤篤子の娘が派手婚をすることになった。600万円の挙式の半分の額を親が出すことになった。

 

 その直後篤子は派遣の仕事の契約が切れて失業。続けて夫の会社が倒産してこちらも失業。

 

 そんなときに義父が亡くなって葬式代に200万円かかってしまった。踏んだり蹴ったりの後藤家。貯金は無くなってしまってピンチ。

 

 

■金難のあとは犯罪が

 派手婚で嫁いだ娘とあまり連絡が取れない。どうやら夫に暴力を受けているようだ。篤子は息子と一緒に娘を救おうとするが。。。

 

 義母が行っていた高級老人ホームの費用が払えなくなり篤子の家で引き取ることに。するとひょんなことから義母が絡んで犯罪に加担することになり10万円をゲット。これに味を占めてもっと多額の危険な話に足を踏み入れることに。。。

 

そんなストーリーです。

 

 

■あなたの未来もこうなるかも!

 

 今後は高齢化社会で年金額も減るだろうと言われている。「老後の資金がありません」というのは多くの中高年が心配していることだろう。実際にこの小説のような金難になってしまうかもしれない。その覚悟(?)をしておくためにも、こういった本を読んでおくと未来のシミュレーションになっていいかもしれない。

 

 ただ、この小説は垣谷美雨らしく、最後はハッピーエンドっぽく終わって救われた気分になった。

 

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
垣谷美雨の小説は以前に紹介した 「七十歳死亡法案、可決」  も面白かったです。

 

老後の資金がありません/中央公論新社
¥1,728
Amazon.co.jp

 

 

七十歳死亡法案、可決 (幻冬舎文庫)/幻冬舎
¥648
Amazon.co.jp

 

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

five × two =

Return Top