家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

高校に入る前に親がしてはいけない82のこと はこれだ!

高校に入る前に親がしてはいけない82のこと
                                             秋田洋和著

82nokoto
中学生の子どもに対して母親がとってしまいがちな言動を説明した本。親のタイプを、過干渉、過保護、イライラ、放任、の4つに分けて説明している。

(過干渉) 夢を持つなら現実をわきまえたものにしてほしい


自分の夢を持ち続ける中高生を「もう少し現実をわきまえなさい」と否定してはいけない。夢を追い続けるのもあきらめるのも本人が決めればよい。

 


(過保護) テストができなくても頑張ったなら褒めてやる


テストが不合格でも悪びれる様子がない。頑張ったんだよと言い訳する。目標をクリアしようとする姿勢が欠如した子を甘やかしていると成果を出せるようにならない。できなかったけど頑張ったんだよが通用する期間は終了する。自分の将来は自分でつかむ以外にない、と言い聞かせておこう。


(イライラ)  テスト前に勉強しなかったからいけないのよ


子どもがテストと正面から向き合わないのは、テストを「嫌なもの」、単なる「ノルマ」「義務」だと思っていて前向きな目標になっていないから。
目標を設定して結果を分析して反省することは社会に出てからも大事だ。人は目的や目標があるから頑張れる。


(放任) 数学が得意なら理系を選択すればいい


数学についていけるかで理系に進むかどうかを決めてしまう人が多い。本来は将来何をやりたいのか、そのためにどんな進路を行くのかを考えて決めるようにしよう。


あるある、と思ってしまうことがたくさん載っている。でも親がしてはいけないことだったのね、と分かる本だ。

 

82nokoto

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

twelve − 3 =

Return Top