人生を豊かにする菜根譚の言葉

とらわれない。ゆるがない
人生を豊かにする「菜根譚」の言葉
      守屋洋著 PHP研究所

「菜根譚」とは、洪自誠が作った中国最高傑作と言われている本で、日本では江戸時代にベストセラーとなり、有名なリーダーたちの座右の書でした。
これを訳して解説した本はたくさんあり、筆者によって違った解説が付けられています。今日はこの本の紹介です。

人生を豊かにする「菜根譚」の言葉(紙の本電子書籍

叱るときには同時にほめ言葉を付け加えること

人の責任を追及するときには、過失を指摘しながら、同時に、過失のなかった部分を評価してやる。そうすれば、相手も不満を抱かない。

→これは職場で部下を叱るときに気をつけたいですね。

動中の静、苦中の楽こそ、本物である

安楽な環境のなかで得られる心の楽しみは、本物の楽しみではない。苦労のなかで心の楽しみを見出してこそ、心のはたらきを会得したといえよう。

→苦しみがあっての楽しみってことですね。

漫然と書物を読まない。じっくり向き合う。

書物を読むなら、小躍りしたくなるまで読め。そうすれば、真髄にふれることができる。 物事を観察するなら、対象と一体になるまで観よ。そうすれば、本質に迫ることができる。

→私は去年までは本を読んで、面白ければその内容をブログに書いて終わっていました。今年は「逆算読書手帳」というのに書きながら本を読んでいます。真髄にふれることができるでしょうか?!

家族が過ちをおかしたとき、声を荒らげて怒鳴らない

家族の者が過ちを犯したとき、声を荒らげてどなりつけてもいけないし、黙って見て見ぬふりをしているのもよくない。他のことにかこつけてそれとなく戒めるのがよい。

それで効果がないときは、時間をおいて、別の機会にまた注意を促すことだ。

→私はときどき子どもをどなってしまいます。それとなく戒めても気にしないやつらなので。私に似て。難しいなあ。

思いどおりにならないときは

思いどおりにならないときは、自分より条件の悪い人のことを考えよ。そうすれば、自然に不満が消えるだろう。 怠け心が生じたときは、自分よりすぐれた人物のことを考えよ。そうすれば、またやる気が湧いてくるだろう。

→考え方によって自分の気持ちをコントロールする方法です。こういったことをうまく使って自分を成長させていきたいですね。

こういった感じの本です。以前のブログに書いた「菜根譚」が教えてくれた一度きりの人生をまっとうするコツも菜根譚の本ですが、違った解説で楽しめるものでした。

人生を豊かにする「菜根譚」の言葉(紙の本電子書籍