家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

こんなわたしで、ごめんなさい -最近カワイイ(??)人が増えている?!

こんなわたしで、ごめんなさい!
                                       平安寿子著作


「こんなわたしで、ごめんなさい!」

今日はいつもとちょっと違って、こんな短編小説集の紹介です。

悪あがきする女たち

いろいろな「わたし」が主人公の話7本の短編集です。
対人恐怖症の美女、エロい目で見られて男性不信になった巨乳女、優秀だけど謝ることができないキャリアウーマン、などなど。欠点やコンプレックスに囚われて悪あがきする女たちを描いたコメディーになっています。

カワイイ・イズ・グレート(第6話)

道子は可愛い服が大好き。フリルのついたピンクのワンピース。バラの飾り。小さくて可愛い子なら似合うけど、153cmで62kgの5頭身の道子はまるでアンティークドールにこけしを押し込んだみたい。

その格好を50歳を過ぎても続けている義妹の道子のことを、主人公の梢は「バケモノ」と呼んでいた。けれどもバケモノの道子は性格は控えめで申し分ない。服装以外はいい妻であった。梢の母が看護が必要になったときも、バケモノはきちんとやってくれた。

梢は母の看護で滅入っているときにバケモノに、「義姉さんも着てみたら」と可愛い服を無理矢理着せられる。すると梢は笑いが止まらない。力が抜けた。今まで道子の服装に目くじらを立てていたのがバカらしくなった。これが可愛い服のパワーなのか、と梢は感じた。

→こんなちょっとした体験の話でした。
人を見かけで判断してはいけないのかもしれません。可愛い服ってそんなにパワーを持っているものなのでしょうか。私も着てみようかしら(笑)。

最近、こういう人が増えている?!

本の話から脱線します。

そういえば、もう20年以上前の話ですが、私が当時の会社の最寄り駅からバスに乗ろうとすると、ときどきフリフリのドレスを着たオジサンが乗って来ました。
こういう人ってときどきいますよねえ。そのオジサンも心の中では「こんなわたしで、ごめんなさい」と思っていながらやめられなかったのでしょうか?

あとそのほかにもありました。以前に私が職場のトイレに入ったときです。中に長い髪でハイヒールをはいた後ろ姿が見えたので、
「やべっ、間違えて女子トイレに入っちゃった!」
と思って慌てて外にでたら、やっぱり男子トイレでした。

彼女はオジサンでした(!)。大人数が入っているビルだったので彼(女?)のことはそれまで知りませんでした。
その恰好からは危ない人に見えますが、仕事はちゃんとしっかりやっているという話をあとから聞きました。でもねー、違和感がありますよ。

最近では、変わった人の許容範囲が広くなっているのではないでしょうか。昔なら「バケモノ」とか「変態!」とか言われて石を投げられていたような恰好の人がいても、今では個性として認められることが多くなっています。
グローバル化が進んだということで、喜ぶべきことなんですかね。ちょっとビミョーな気がしますけれど。

ちょっとした女心の変化を描いたお話

→さて、本の話の戻ります。

こんな感じの7本の短編小説です。ハラハラするようなストーリーではありません。ちょっとした女心の変化を描いているお話です。
女心が分からない男にとっては勉強になるかもしれません。

私は普段はビジネス本や教育関係の本を読むことが多いのですが、ときどきこういった軽い小説も読んでいます。妻が読んでいたのを借りて読んでいます。
ビジネス本ばかりではなく、人の心の描写などが書かれた小説も時々は読んでおいた方が心の栄養になっていいだろうと思っています。

普段ビジネス本しか読まない人も、たまにはこういった本も読んでみてはいかがでしょうか?

「こんなわたしで、ごめんなさい!」

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

four × five =

Return Top