家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

自分からどんどん勉強する子になる方法 で楽習を進めよう!

勉強嫌いの子でもたった2週間で学習週間がつく
自分からどんどん勉強する子になる方法
                  杉渕鐵良著

Kindle版/紙の本

楽習で楽しく習う

なぜ勉強しないのでしょうか? それは勉強が楽しくないからです。
 遊戯王のカードで計算遊びをしたり、社会科の授業では地図記号カルタをみんなでやったりします。こうした試みを、学習ならぬ「楽習」と呼んでいます。
 
→勉強を子どもが好きなことに当てはめて、楽しい楽習にしてしまうとうまく進められます。

親がいっしょにやると楽しくなる

 親が楽しんで一緒に勉強する。これ以上に、子どもの学力向上に効果的なことはない。
 
 子どもが苦手なことをまず親が、楽しそうにやってみましょう。
「漢字プリント、お母さんにもやらせて」
 やるときはできるだけ楽しそうにやってください。 子どもが苦手なことを親が楽しそうにやると、「一緒にやってみようかな?」と思います。一緒にやったら、たくさんほめてください。「もっとやろう!」と勉強が楽しくなります。
 
→親がいっしょにやる。しかも楽しそうにやる。ということが大切ですね。

漢字パドルを作ってみよう

この本では、筆者が考えた漢字パドルがいくつも紹介されています。漢字パドルとは、1つの隠された漢字と別の複数の漢字がそれぞれ熟語になるように置かれていて、その隠された漢字を当てるものです。

また、漢字パドルは解くのが難しいけれど、子どもに作らせてみるのも勉強になります。漢字パドルを作るのは、辞書を見ればいいので簡単に作成できますし勉強にもなります。

→これを読んで私(あべっかん)も漢字パドルを作ってみました。

右側のような花の形にすると、できる熟語がいくつでも構わないので作るのが簡単になるそうです。

 

こんな感じで、家庭学習として簡単に行える小学校低学年くらい向けの学習、でなくって、楽習の方法がたくさん書かれています。

ちょっと、私が書いた本と似たところがありますね!

「自分からどんどん勉強する子になる方法」Kindle版/紙の本

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。

上の漢字パドルの答えは分かりましたか? 答えは、(a)野、(b)展、(c)人、でした。

 



「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindlwUnlimited対象の電子書籍です。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

13 − 7 =

Return Top