家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

幸せな宝地図であなたの夢がかなう -潜在意識を有効に使おう!

幸せな宝地図であなたの夢がかなう

              望月俊孝著

今日はこの本を紹介します。

TresureMap1

  Kindle版 175円

 

宝地図って?

宝地図とは、自分の夢を実現させるために、実現したときのイメージを描いたもの。
これを作って毎日眺めていると、夢の実現が潜在意識にしっかりと焼き付いて実現できるようになるという。

 

まずはコルクボードや大きな紙を用意する。一番上にあなたの名前かニックネームを入れて「○○の宝地図」のように書く。さらに将来の肩書やキャッチフレーズもつけておく。


あなたの写真や家族や仲間と笑顔で写っている写真を中央に貼る。その周りに、手に入れたいものや夢や目標を示す写真やイラストを貼り付ける。そして文字で補足や達成期限などを書き足していく。


というようにして宝地図を作る。

 

→夢を言葉にして書いておくと実現する、とよく言われている。それをさらに視覚化することでより潜在意識に焼き付けることができるようだ。「あべっかんの宝地図」も作ってみようっと!

 

当たり前に偶然の一致が起こる理由

宝地図を創って眺め始めると、シンクロニシティが頻繁に起こる。シンクロニシティとは、「意味のある偶然の一致」のこと。
例えば、問題を抱えて悩んでいたとき、突然友人から電話がかかってきて解決のヒントが与えられるとかいうことが起こる。


不思議な話がだが、これは脳の構造上、当たり前のことである。
イメージや感情を司る右脳(潜在意識)では、左脳の250万倍の速度で情報が処理される。問題意識が明確になって、右脳(潜在意識)に投げかけておくと、右脳では高速に情報が処理されて、重要な情報をしっかりと右脳(顕在意識)に引き出すことができるようになる。すると今まで気づかなかったことに気づくようになる。これがシンクロニシティになる。


→右脳って、潜在意識って、そんなにすごいのか! 右脳を有効に使えるかで人生が大きく変わってきそうだぞ。

 

こんな本でした。

 

電子書籍ならたったの175円。コミックス版もありそちらはさらに安くて108円で買えます。

効果的な宝地図の作り方が書いてあるので一度読んでみて、宝の地図を作ってみましょう!

 

TresureMap2

 「コミック 幸せな宝地図であなたの夢がかなう」 Kindle版 108円

 

TresureMap1

 「幸せな宝地図であなたの夢がかなう」Kindle版 175円

 

 

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

five × two =

Return Top