家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

やる気クエスト(完結編)で、やる気の地図が完成する!

やる気クエスト6巻(最終巻)

           岡野純、佐々木正悟 著


「やる気クエスト6巻」 Kindle版電子書籍

今日はこの本を紹介します。やる気を出すにはどうすればいいか、というテーマで描かれたマンガの最終巻です。

これを読んで、やる気をコントロールできるようになりましょう!

やる気クエストとは

主人公のジュンは、職場で部下がやる気を出してくれなくて困っていました。そんなとき、あるゲームを始めました。すると自分がゲームの世界に引き込まれてしまい、ドラゴンクエストのような旅が始まります。
ジュンは、戦士、武闘家、魔法使い、の仲間を引き連れて冒険の旅に出ます。ところで、戦士と武闘家ってどう違うんでしょうかね?!

この冒険はちょっと変わった冒険で、やる気を出すにはどうすればいいかを追い求める、やる気の地図を埋めていく冒険なのです。

最終巻ではラスボスとの闘いがつきもの

ジュンはやる気の無かった仲間たちにやる気を出させようと、思考錯誤しながら旅を続けます。一度やる気の地図を埋めたと思ったら、今度はやる気を継続させるための地図が出てきてそれを埋めなくてはならなくなりました。
5巻までの話では、やる気を失った町に来た仲間たちは、それぞれの場所でそれぞれの相手とそれぞれの方法で闘っています。
 
今回の最終巻では、やる気を失わせるラスボスとジュンが闘います。やはり最後はラスボスとの闘いですね。
そしてジュンは「無意識のブレーキ」を外して究極技術を出してラスボスを倒します。
 
倒し方が分かった時点で、「やる気を継続させる地図」が完成し、やる気を継続させる方法が明らかになります。

マンガを読むだけでやる気の出し方がわかる

このマンガを読むと、やる気を出すために、そしてやる気を継続させるために、何をすればいいのかが分かります。「行動を具体化する」とか「リターンを明確にする」とか「仲間を作る」とか。
 
冒険の途中の闘いが、やる気のためのそれぞれの項目の事例になっています。そして地図にまとめられているので分かりやすくなっています。
 
やる気が出ないあなたや、やる気が続かない子どもは、これを読んでみるといいですよ!
Kindle の電子書籍ですが、Kindle unlimited の対象にもなっているので月額980円の読み放題サービスに入っている人は読み放題で読めます。


「やる気クエスト」

(おまけ)電子書籍ってどうやって読むの?

ここで、まだ電子書籍を読んだことのない人のために、電子書籍の説明を載せておきます。

電子書籍を読んだことのない人の中には、専用の端末が無いと読めないのではないか、読み始めるまでの設定が難しそう、などと誤解している人もいるようです。
その心配はありません。スマートフォンでもパソコンでも読めますし、設定も簡単です。

電子書籍の利点は、次の3つだと思います。

  • 読みたいと思った本をすぐにダウンロードして読み始めることができる
  • 紙の本より安い。読み放題サービスもある
  • 何冊でも持ち歩ける

電子書籍はいくつもの会社が出していますが、最も蔵書数が多いのはAmazonのKindleです。Kindleの場合、紙の本と同じようにAmazonのサイトで本を選びます。Amazonにアカウントが作ってあれば、ログインして他のお買い物と同じようにクリックして購入します。

購入したページに、アプリをダウンロードするボタンがあります。そこをクリックしてスマートフォン用あるいはパソコン用の無料アプリをダウンロードします。そのアプリを起動すると、購入した本のリストが自動的に表示されるのでクリックして読むことができます。同じ本をスマートフォンで読んだりパソコンで読んだりすることもできます。

また、Kindleには月額980円で読み放題というサービス(Kindle Unlimited)もあります。たくさん読みたい人にはお得ですが、読み放題の対象となっている本は安い本(あべっかんの本を含む)なので注意してください。

Kindle以外にも電子書籍はあります。使い方はどこも似たようなものですね。

もう少し詳しい説明はこちらをどうぞ。「電子書籍も読んで読書の幅を広げよう-電子書籍の3つのメリットと入門方法」

 

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

6 − 1 =

Return Top