家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

子沢山は大変だ(兄弟編)

あれっ、A君じゃないか!

 近所の公園で子供たちと遊んでいた時、A君の兄弟を見つけた。A君一家は、4年前に名古屋に引っ越したので、会ったのは久しぶり。4年前、A君が小学5年生で次男が3年生の頃、少年野球チームのコーチとして私はA君兄弟にも教えていた。

 

 正月休みだったこの日は、祖父母のいる実家に帰って来ていたらしい。長男のA君がバットとグローブとボールを持って公園に三男と四男と五男を連れて来ていたのだ。
そう、A君は5人兄弟。しかも全部男の子!

 そのあとA君のパパも来たので話をした。

 私の家も子供たちがいるとかなり騒々しい。どんな感じかと言うと、たまに電車に乗ったらその車両に小学生の遠足の集団が乗っていた、ということがある。
 しまった、この車両に乗るんじゃなかった(+_+)
と思ってもあとの祭り。ウルさいなあ、と降りるまで我慢することになる。

 

 私の家もそんな感じ。いつもウルさい。でもうちの子は男女4人。A君兄弟は男5人。しかもウチよりワンパク。パワーもあるしきっとウチよりずっとウルさいと思う。

 A君パパの話によると、アパートに住んでいるが、ウルさいと苦情が来ると困るので、1階の端の暗い人気の無い側の部屋を借りたらしい。だがおかげで日当たりが悪く部屋にすぐカビが生えてしまって困っているという。たいへんだ。

 四男君は泣き虫だ。この日もボールが当たったのか、痛がって泣いていた。が、兄たちもパパも放っておいている。怪我を見せに来てもパパは、
そんなの放っときゃ治る
男兄弟はワイルドにたくましく育てられているようだ。

 でも、今は長男が高3で五男は幼児だからまだいいが、そのうちに食事の量もすごいことになるだろう。私の家では10合の炊飯器を使っているが、それでは足りなくなるな。きっと相撲部屋のようになりそうだ。おかみさんもたいへんだ。(^_^;)

             

PS.
読んでいただき、ありがとうございます。
A君兄弟より多い男兄弟がいる方がもしいましたら話を聞かせてくださいね(^^)。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

3 + twenty =

Return Top