プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

妹や弟がいると子どもが頼もしくなる -ご褒美はドーナツ

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

普段は頼りない子どもが、ふいに頼もしくなることがあります。そんな例を紹介します。

自転車がないっ!

「なんで忘れてくるのっ!! 今すぐ探してきなさい(`Д´)」
母親に怒られて小3の長女は泣き出してしまった。

 

朝、長女の自転車が家に無いことに気付いたときのことだ。どこかに置き忘れてきてしまったらしい。

すると2つ年上の次男が
「多分あの公園だろう。おれが探しに行ってやるよ。」
と、速攻で着替えて家を飛び出した。


いつもは寝たり止まったりしながら着替えに20分以上かかっているのに。
ラーメンを食べるときにも、食べる速度よりも伸びる速度のほうが早くて食べきれないのに…

bicycle2

しばらくして妹の自転車を見つけてきた。
お兄ちゃんやるじゃん!


いつもは妹と同レベルでくだらない喧嘩をして妹を泣かせているのに。

こんなときは思い切り誉めてやる。

「じゃぁご褒美ちょうだい。」
と、抜け目ないところは長男とは大違い。

帰りにミスタードーナツでご褒美を買っていこう。

妹や弟がいると、普段は頼りない子どもがふいに頼もしくなることがある。兄弟の存在って貴重だと思う。

 



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

nineteen − six =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top