プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

電子出版企画コンテスト参戦記(2)

電子出版企画コンテスト参戦記(2)

(昨日のブログの続きです) ■あべっかんの運命は?!  出版企画コンテストで最初にプレゼンした私あべっかん。    資料での説明は準備どおりでとちることもなかった。笑いを取るところのウケは? まあこんなものか。時間内に収まった。やることはやった。問題は私の本の企画自体が売れそうか、というところだろう。   ...

電子出版企画コンテスト参戦記(1)

電子出版企画コンテスト参戦記(1)

■出版コンテストに参戦だ  先日、電子書籍の出版企画コンテストがある、ということを聞いた。電子書籍の出版社である金風舎が主催。出版の企画を書いてコンテストを行い、合格すれば金風舎から電子書籍を出版してもらえる というもの。    これはチャンス! 私はこのコンテストに応募した。   ■事前準備はぬかりなく ...

「育て上手なPMがやっている7つのこと」を子育てに活かそう

「育て上手なPMがやっている7つのこと」を子育てに活かそう

育て上手なPMがやっている7つのこと ~あのPMと一緒に仕事をすると成長できると思われる人になる~   というセミナーがPM シンポジウムというイベントで行われたので受講した。  講師は@ITのサイトで 「田中淳子の"言葉のチカラ"」 のコラムを書いている田中淳子さん。本職のセミナー講師だ。 7つ...

ドラマチックコミュニケーション を体験しに行こう!

ドラマチックコミュニケーション を体験しに行こう!

「ドラマチックコミュニケーション」 セミナー   今日は、以前に行ったセミナーのお話。     ■「わたし→あなた」のパスゲーム    10人くらいのグループで、1人の人が架空のボールを持つ。そこで、「わたし」から「あたな」と、他の誰か1人に手を向けて架空のボールをパスする。も...

うちの子、なんとかなりませんか?

うちの子、なんとかなりませんか?

うちの子、なんとかなりませんか?    中間試験の1週間前だっていうのに、遊びに行ってしまう二郎。 なんとかならないかなあ、と思ってあるセミナーに参加した。   ■勉強嫌い・苦手科目を克服する3つの勉強法セミナー  プロの家庭教師である佐々木恵先生。勉強が苦手、嫌いな生徒を中心に教えてきた。その先生が開いた...

相手を見る講演、相手を見ない講演

相手を見る講演、相手を見ない講演

先週行ってきた、PMシンポジウム からネタをもう一本。 ■ひとり芝居の俳優のように  (株)ピーエム・コンセプツの長尾清一代表の「Win-Win交渉の神話」という講演はインパクトがあった。この人の講演はいつもインパクトがある。   舞台の端の講演台にじっとしていることはない。舞台の右と左を行ったり来たりしながら大きな...

ファブラボで ものづくりが変わる!

ファブラボで ものづくりが変わる!

昨日のブログに続いて、先日言ってきた、PMシンポジウムというイベントで聴いた講演の1つを今日もネタにします。   「ウェブ社会からファブ社会へ」  慶應大学 田中浩也准教授   ■3Dプリンター  3Dプリンターの普及により、情報の「さわれる化」が可能になった。慶應大学のキャンパスにも学生が自由に使える3D...

「思い込み」って悪いことではない!-サザエさんにウナギさんがいない理由

「思い込み」って悪いことではない!-サザエさんにウナギさんがいない理由

先日、PMシンポジウムというイベントに行って来た。 私は6本の講演を聴いた。そのうちの1つがこれ。 「人工知能の研究とシステム構築」 東京都市大学(旧武蔵工業大学)大谷紀子教授 ■コンピュータが苦手なこと   「私は友達とケーキを食べた」 「ボクはウナギ」   こんな簡単な人間ならあたりまえに分かる分かる会...

「誰だっ、この男は!」 あわててズボンのベルトをしめた私

「誰だっ、この男は!」 あわててズボンのベルトをしめた私

「誰だっ!この男はっ」  帰って来たダンナが私を指さした。 「エ、エ、エアコンの修理に来てもらったのよ」 私はあわててズボンのベルトをしめた。   ■ドラマは突然に  あるセミナーに参加した。そこでやった課題の1つがこれ。  1人の人が自分で考えた場面を想定してセリフを言い、動きを演じる。それを見た他の人が場面を察知...

Return Top