プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

待機児童ゼロのために企業も協力して! #taikijidou0challenge

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

■事業所内託児所を増やそう

 私がよく行く飲み屋の近くに(株)東芝の事業所がある。門の外から見えるところに社内保育園が設置されている。社員が仕事中に子どもを預けられるようだ。

 

 このような保育所が会社にあれば社員は助かる。会社負担で料金が安くなっていないとあまり意味がないけれども。

 このような事業所内保育所を持つ会社が増えれば待機児童は少し減る。会社としては人材確保が有利になるし企業イメージのアップにもなる。小さな会社だったら近所の他の会社と協力して作るのもアリだろう。

 事業所内保育所の設立を支援している団体もある(例えばここ)。しかし思うように増えていないのが実情のようだ。(待機児童多いのに企業内保育所の閉鎖が相次ぐのはなぜなのか

 

■定年後の人材を使えないだろうか

 高齢化社会になり、定年後に再雇用制度を設けたり、定年後のライフプランの研修を行う会社も増えてきた。定年になってもまだまだ働けるので、定年後にどうしようかなあと私も考えている。

 例えば、定年後に事業所内託児所を運営する会社を起業するというのはどうだろうか。自分がいた会社に協力してもらってその社員向けに作るのならやりやすいだろう。

 保育のための資格とかいろいろな問題はあるだろう。しかし定年前から準備できれば、そして会社の支援があればできるかもしれない。そしえてそんなケースが増えれば託児所が増える。

 いずれにしても、企業の協力が必要だ。

 

■託児所を無理なく使える働き方に変えていこう

 以前に参加したサイボウズカンファレンスで、(株)ワークライフバランスの小室淑恵社長の話を聞いた(詳細はこちら)。小室さんは独立して会社を興そうとしたときに妊娠していることが発覚。それでも会社を立ち上げ、出産してからも夕方早くに帰るという時短社長として働いた。
komuro 

 短い労働時間で社長の仕事をこなすためには社長としての判断が必要な仕事だけを選んで効率的に仕事を回す必要があった。その体験もあって、コンサルタントで900社もの時短と業績アップに貢献したそうだ。

 託児所があっても、両親が毎晩遅くまで残業するような仕事をしていては子育てはできない。待機児童ゼロに加えて、長時間労働が当たり前のようになっている働き方も変えていく必要がある。

 待機児童ゼロを実現するには、国や地方自治体だけが頑張ってもなかなか進まない。企業も積極的に協力して欲しい。

そしてそういう企業が増えるように、我々が世論を変えていこうではないか。

 

■待機児童ゼロチャレンジ

 今回のブログは、待機児童ゼロチャレンジ運動 (#taikijidou0challenge) として書きました。この運動は待機児童問題の深刻さを知ってもらうために、みんなでブログなどに待機児童ゼロに関することを書いて広げていこうというものです。

詳しくは提案者のYuichi
パパさんのブログ
に書いてありますが、ルールを転記しておきます。

  1. ブログなどの記事を発信する媒体を持っていれば誰でも参加できます
  2. 「待機児童」について思うこと、経験談、対策、喜怒哀楽、その他諸々を記事にする(ご自身のブログ等で)
  3. 記事のタイトルに「#taikijidou0challenge」を入れて、このチャレンジだとわかるようにする
  4. Twitterでハッシュタグをつけてシェアする
  5. 自分が「待機児童」について考えを発表して欲しい人を2名指名する

※どうしても次に回す人がいない場合は、そこで止まっても大丈夫ですよ^^;
※でもできれば回してくれると嬉しいです

これだけです。 期限はとりあえず4月1日午前0時までとします。

 私の次は育児書コンシェルジュの三尾幸司さん にバトンを託したいと思います。三尾さんよろしくお願いします(^^)/。

 他にも書いていただける方を打診中および募集中です。待機児童ゼロチャレンジに賛同していただけるかたは、コメントかメッセージで知らせてください。よろしくお願いします!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

2 × two =

Comment on Facebook

Return Top