プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

とりあえずビール以外! -たまには禁酒もしてみよう

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

「生ビール以外の人いますかー?」
「はーい」

とりあえずビール以外!

最近では、飲み会で最初にビールを飲まずに別のものを注文する人も多くなってきました。
 
私は宴会で始めから2,3杯、あるいはそれ以上ビールを飲みます。最初から焼酎や日本酒やウィスキーを飲んでいたらつぶれてしまうから。けれども独りで飲むときは、最初から焼酎やバーボンを飲むことが多いですね。自分のペースで飲めるし、宴会と違って話をちゃんと聞く必要もないですし。
 
さらにこの頃は最初っからウーロン茶などを注文する人も多くなってきました。人の目を気にしなくなったのか、酒離れが進んだのか。

先週、ファミレスでプチ飲み会があったのですが、私は最初からドリンクバー。コーラで乾杯させてもらいました。私が飲み会でお酒を飲まないのは100回に1回くらいでしょうか?
病み上がりで医者にお酒を止められていたとき、夜に子どもを迎えに車で行く予定があったときなどです。けれども今回はそのどちらでもありませんでした。

プチ禁酒ただいま錦糸町??

私はただいま錦糸町です。じゃなかった、ただいま禁酒中です。
年に一度、私はプチ禁酒をしています。健康診断の前の1~3週間程度、酒を断って健康診断に臨んでいます。
  • 健康診断の前だけ禁酒しても仕方がない。普段の状態を診断してもらった方がいいんじゃないの
  • 2~3週間禁酒したところで、健康になるわけではない
これもたしかなのですが、健康診断をトリガーにして禁酒しなかったら、きっと年中飲んでいます(毎日ではないですが)。せめてこの時期だけでも肝臓を休ませようと思ってやっています。
 
禁酒に限らず、期間を決めて何かを止めたり、何かを集中してやるようにするといいと思います。家庭のイベントにしてもいいでしょう。
テレビ禁止週間。読書週間。運動月間。食費○万円で暮らす節約月間。などいろいろイベントにしてしまうと楽しいかもしれません(いや、苦しいかも)。

ノンアルコールビールで乾杯!

禁酒期間中はノンアルコールビールがお友だちです。昔と比べるとノンアルコールビールもずいぶん旨くなりました(当社比)。私が好きなのはゼロ番絞りこと「零一」です。パッケージも一番搾りに似ているので、一番搾りを飲んでいるつもりになれます。
ところで先日、ネットに
「仕事中にノンアルコールビールを飲んだら注意された」
という記事があり、賛否両論で盛り上がっていました。
 
えっ?何がいけないの?

私はノンアルコールビールを飲んだら怒る人の気持ちがまったく理解できません。コーラやサイダーを飲むのと何が違うのでしょうか? 私は仕事中にときどきリポビタンDを飲みます。もしこれが、赤マムシやバイアグラを飲んでいたら、「お前仕事中になに考えてるんだ!」と怒られるのはわかりますが(そんな人はいないでしょうが!)。
 
ノンアルコールビールを飲んでいるのは不真面目だと思われるのでしょうか。
日本では仕事は我慢してやるものだ、楽しみながら仕事をするなんてけしからん、と思っている人が多くいます。

楽しく働いてはいけないなんてことはありません。仕事は楽しんでやりたいものです。大人が楽しんで仕事をしていれば、それを見ている子どもたちは、大人になったら楽しそうだ、と未来に希望が持てるようになります。
 
そういったことを、「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」にも書いています。ぜひ読んでみてくださいね。(^^)/

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。普段たくさん飲んでいる人は、たまには禁酒もしてみましょう!



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
KindleUnlimited対象の電子書籍です。99円でセール中です!今がチャンス!

 


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindlwUnlimited対象の電子書籍です。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

seventeen − four =

Comment on Facebook

Return Top