プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

自動車免許更新所の処理は効率的 -混雑時の対応方法を考えてみよう

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

先日、二俣川に行って来ました。

二俣川と言えば自動車免許

「二俣川に行く」と聞いたら、神奈川県民の人なら何をしに行ったのか当てることができます。

二俣川には自動車免許の試験場があります。自動車免許を取るときは神奈川県民はここに行きます。そして免許の更新とのきも、近所の警察署でも更新できますが、何かしらの違反があって講習を受けなくてはいけない人は二俣川試験場に行くほうが手っ取り早いのです。

二俣川は横浜駅から相鉄線の特急で10分くらいのところにあります。二俣川にはいろいろなところもあるんでしょうが、運転免許試験場があまりにも大きくて来る人が多いので、「二俣川に行く」と言えば「免許の更新?」と聞かれるのです。そして9割がたは「そのとおり」なのです。私もそうでした。

ゴールデンウィークの間の平日に二俣川に行ったのですが、ものすごく混んでいました。「平日休めるのはこの日だけだから」と思って、更新対象となる4~5月生まれの人たちが殺到したのです。免許更新のために長い列ができていました。ディズニーランドよりも長い列。300人以上は並んでいたと思います。これじゃあいつ終わることやら。そう思ったのですが、意外にも列の流れはいいのです。長く止まることはなく、そこそこ進んで行くのです。なぜなんだろう、と思いました。

長い列でも効率的に処理する仕組み


係の人が古い免許証の回収に来ました。まだ列に並んだばかりで建物の入り口までかなり距離があるのに免許証を回収されてしまいました。これでは「混んでるからまた後日にしよう」と帰るわけにもいきません。
何十分かしてからやっと建物の中に入れました。建物の中に入ってもまだ列は続きます。2階まで来たらやっと先頭が見えました。そしてずいぶん前に古い免許証を回収されたわけが分かりました。係の人が集めた免許証をコピーにとって免許証申請用紙に貼り付けていてくれたのです。列の先頭ではその申請用紙をわたされるだけでおしまい。だから列の進みが速かったのです。列が長くなっても回転をよくするために考えられた方法だったようです。

それが終わると、印紙を買う列、視力検査をする列などに並びなおします。それぞれの列には②、③のように番号が書いてあり、列の最後には「②の最後尾」のように書いたプラカードを持った人が立っています。
この自動車免許試験場では普段でも人は多く来ます。そしてすることはだいたい決まっています。①②③のように番号をふって迷うことなく進められるようにしています。

ここは毎日多くの人が同じ手続きをしにくるところです。分からなくて訊かれたり、列を探して右往左往することがないように、手順がすっかりできあがっていたようです。こんなに多くの人が来ているのに混乱することもなくわりとスムーズに流れていました。この仕組みは立派なものです。

ボトルネックはここだっ!

ところが、視力検査を終えて次の列を探すと、列がどこまでも伸びています。最後尾は隣の建物の中でした。これはいったいなんの列?と思いながら並んで待ちます。
 
でもスマホの普及で、待っていてもみんな手持ちぶさたにはなっていませんね。私もこんなふうに待たされたときはスマホでブログの原稿を書いたり電子書籍を読んだりしているので時間が無駄にはなりません。ただしお昼をすぎていたのでお腹が減ってきちゃいました。
 
列の先頭が見えてきました。そこは写真を撮るところでした。警察署で免許の更新をするときは写真を持っていかなくてはいけません。けれども自動車免許試験場では写真を撮ってくれるのでお得です。でもこんなに待たされるのではありがたみもなくなってしまいます。
 
写真を撮ったら講習を受けて終了です。講習の10分後くらいには即日発行の新しい免許を受けとることができました。
写真撮影の工程さえもっとスムーズになっていればとてもすばらしい作業工程だったのですが。ちょっと残念。
 
でも、長い行列ができてしまったときにどうやって処理をすれば早く終わるのか、を考えるときのヒントになりそうです。

元号表記はもうやめて

受け取った免許証にはこう書かれていました。
「平成35年まで有効」
平成35年って絶対にこないだろっ!
 
こう書かれては次の更新のときに分からなくなってしまいます。すでに平成終わることが確定しているのですから、西暦表記にしてほしいところです。そもそも元号はいつ終わるかわからないものです。現在のことを書くときはいいですが、何年も先のことを元号で書くべきではありません。それに国内に外国人も増えてきてグローバル化していますから、すべての表記は西暦にしてほしいと私は思っています。
 


「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

twenty − 10 =

Comment on Facebook

Return Top