家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

抹茶味のカップヌードルに は抹茶っ たらどうしよう! -抹茶仕立てのシーフード味

変わりカップ麺に挑戦シリーズ、第3弾!

以前のブログに書いた、「一平ちゃんショートケーキ味 -未知と闘う勇者」ペヤング焼きそば 義理チョコレート味 は こうやって食べよう!に続いて、抹茶味のカップヌードルに挑戦しました。

正確には「抹茶仕立てのシーフード味」となっていますので、シーフードヌードルをベースに抹茶味にしたものだと思います。

お湯を入れて3分間待つのだぞ!

緑色の麺は違和感なし

チョコレート焼きそばのときは、普通の焼きそばで使うソースの色とチョコレートの色がどちらもほぼ黒で視覚的には同じでした。

抹茶味の場合は麺は予想通り緑色です。普通のカップヌードルの色とは違います。けれどもパスタやソバではこのような緑色の麺も食べたことがあります。緑の野菜が入っている麺なら緑色になるので色としては違和感はありません。

そしてお味も。苦味もなく、抹茶の味は強くなく、違和感なくいただけました。特に「おいしー!!」と感じたわけではありません。けれども普通のカップヌードルやシーフードヌードルの味に飽きてきたら、この抹茶味を選んでみるのもいいでしょう。なんかヘルシーっぽい感じもしますし(感じがするだけですが)。抹茶だけに、はまっちゃう人もいるかも。

インパクトではチョコレート味にはかないませんが。

変わり種カップ麺ブーム

ちょっと(かなり?)変わった味のカップ麺がブームになっているようです。

私が若いころはカップ麺と言えば若者が食べるもので、中年やお年寄りが食べることはあまりなかった気がします。当時の大人が子どものころはまだカップ麺はなかったので食べなれていなかったからでしょう。ところが今では子どものころからカップ麺を食べてきた世代が50歳を超えています。若者を狙った商品よりもおじさんや高齢者を狙った商品がこれからは増えてくるのではないでしょうか。

次はどんな味がでてくるのでしょうか。C級グルメ あべっかんの挑戦はまだまだ続く(かもしれない!?)。

 

「一平ちゃんショートケーキ味 -道と闘う勇者」

「ペヤング焼きそば義理チョコレート味はこうやって食べよう」

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

thirteen + fifteen =

Return Top