家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

Windowsの電源が急に落ちる不具合はキーボードのせいかもしれません -悪いところは早めに治そう

私が買ったパソコンで、Windowsの電源がたまに急に落ちるという不具合がありました。

Windowsが突然シャットダウンする。きっと負荷が高すぎるとか、温度が上がりすぎるとかが原因となる不具合だろう、と思っていたのですが、以外にもキーボードが原因でした。

だましだまし使う

半年以上前に新しいパソコンを購入しました。買った当初から、週に1回くらい使っている途中で突然「シャットダウンします」というメッセージが出てWindows が停止して電源が落ちてしまうという不具合が発生しました。
治ったかな?!

サポートセンターに聞いたりネットで調べたりして原因の可能性がある要因をつぶしていきました。すると不具合は発生しなくなりました。
と、思ったのですが、しばらく使っていたら再発。頻度が下がった(ような気がした)ものの、やはりたまに電源が落ちてしまいます。

修理に出すのは面倒だ

けれども使っているパソコンを修理に出すのは気が進みません。修理に出している間は使えない。データを削除されてしまうのでバックアップをとらなくてはいけない。外に出すので個人情報などをきれいに消さなくてはいけない。なおってきたあと再セットアップが必要になるかもしれない。など、めんどうなことがたくさんあります。

だましだましでも使えるのならそのまま使いたい、と思うものです。けれどもブログや原稿を作成中に電源が落ちて作業がパーになってしまったことがあり、我慢しきれなくなって修理に出すことにしました。

販売店に電話すると店に持ってきてくださいとのこと。本体だけでいいのかと思ったのですが、起動を確認できるように電源コードとキーボードとマウスも持ってきてとのこと。キーボードやマウスなんて店にいくらでもあるだろうが、と思いつつもキャリーバッグに詰めて電車に乗って販売店に持って行きました。メーカーに送るので修理に2~3週間かかると言われました。

原因は意外なところに!まさかキーボードが!!

修理に出した日曜から4日後の木曜日、販売店から治ったとの連絡が。

「え、もう治ったの? 再現させるだけでも何日かかかるかと思ったのに。再現しないから治ったことにしてしまえ、にしたんじゃないだろうな?!」

販売店に取りに行きました。どこが悪かったのかを聞くと、「キーボードに不具合があったので交換したようです」

えっ、キーボード?!そんなのあり?
でもすぐに返ってきたということはちゃんと原因がはっきり分かったのでしょう。同じ不具合の前例があったのかもしれません。

会社で使っているパソコンの中には、キーボードに電源切りボタンがついているものもあります。キーボードから特定の信号を出すと、一発でWindows がシャットダウンするように作られているのでしょう。だとするとキーボードの不具合でシャットダウンするのもうなずけます。それにしてもキーボードも送っておいてよかった。

悪いものは早いうちに治そう

だましだまし使うのはいいことではありません。こんなに簡単に治るならもっと早く修理に出せばよかった。
悪いものでも我慢してだましだまし使ってしまう。これは私の悪いクセですね。悪いクセこそ早いうちに治すべきでした!

機械もそして体の悪い部分や病気も、悪いところは早いうちに治しておきましょう!

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。本日の教訓は「だましだましはやめよう」でした!

Follow me!

About あべっかん

四児の父・あべっかんです。 四人の子どもを育ててきて思いました。今の学校や塾をアテにしすぎてはいけない。学校は最低限のことしかやってくれないし、塾はお金ばっかりかかる。 子どもには家庭教育が大事なのです。では親はどうすればいいのか? このブログで私も試行錯誤しながら追及していきます。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

9 − 4 =

Return Top