家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

夢の中での自由な発想を活かそう!

ピィピィピィー
朝、インコのピーちゃんの声で目が覚める。

 

 

■まだ夢の中

 目を閉じて横を向いて寝たまま右手を顔の横に動かすと、
ピピィー

 

ん? 右手にピーちゃんの足につかまれた感覚が。
四つ美がピーちゃんを鳥かごから出して飛ばしたな!

 

と思いながら目を開けると、
ピーちゃんはとまっていない、それ以前に私の右手が無い!
右手はあった。膝の近くに。

 

「右手を顔の横に持ってきたらピーちゃんがとまった」
というのが夢だったようだ。ピーちゃんの声が耳に入ったので、そんな夢を見たのだろう。

 

■夢は作られる

 

 私は昔、「スキー場のホテルのエレベーターの中で布団を敷いて寝ている」 という夢を見た。なんじゃそりゃ!?

 

 よく考えてみたら思い当たることがあった。
前日に友人と「スキーに行きたいね」と話をした。テレビでエレベーターの中で死体が発見される推理ドラマを見た。数日前にホテルのロビーに行った。

 

 それらの記憶の断片を脳が結合して「スキー場のホテルのエレベーターの中で寝ている」
というお話をを作り出したのだ。

 

 夢ってそういうものなんだ、過去の記憶の断片をつなげて無理やりお話に仕上げたものなんだ と、私はそのときに悟った。

 

 

■夢での自由な発想を活かせ!

 

 夢の中では、起きていたら考えつかないような話が作られる。脳が常識に捕らわれずに話を作るから。

 

 脳はもともと自由な発想ができる力を持っている。起きているときはそれを常識や固定観念や先入観が邪魔をするから、ありきたりのつまらないことしか出力されないのだ。

 

 夢を見る自由な発想力を活かしてクリエイティブなことができないかなあ。

 

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
歳をとるにつれて、夢を見ることが少なくなった気がします。あなたはどうでしょうか?

 

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

6 + sixteen =

Return Top