プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

電車にスマホを置き忘れたとき -見つかりやすくする方法

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

スマートフォンを電車に置き忘れたっ!

「やべっ、寝てた。駅に着いてる。降りなきゃ」

職場の新人歓迎会でビールをたっぷり飲んだあとの帰りの電車でのことです。慌てて電車を降りました。改札を出てから気付きました。

「あ、スマホがない!」

酔っていたので覚えていませんが、電車に乗ったらきっとスマホを見たはず。座ってそのまま寝てたとしたら、スマホは電車に置き忘れたか。
慌てて駅員に言って乗っていた電車を途中駅で調べてもらうように依頼しました。暫く待ってから確認しましたがそれらしものは見つからずその日は断念。

お問い合わせセンター

翌朝、JRのお問い合わせセンターの忘れ物係に電話をかけます。が、つながりません。何度も何度もかけなおして20回目くらいにやっとつながりました。

係のオジさんに、いつどこで置き忘れたか、どんなスマホだったかを伝えます。「少しお待ちください」と言われて調べてもらいました。するとしばらくして「横浜駅の忘れ物センターにそれらしきものがあります」とのこと。電話番号を伝えて着信することを確認してもらいました。

その後、横浜駅まで取りに行って無事にスマートフォンを取り戻すことができました。よかった、よかった!

忘れ物を見つけるシステムをもっと効率化できないか

お問い合わせセンターの忘れ物係に電話をしたとき、電話した先から横浜駅に連絡してさらに着信を確認する。これって結構手間ですよね。10分以上はかかりました。こうやって10分以上かけて対応していると、1人のオペレーターがさばけるのは1時間に6人です。JRにものを置き忘れる人って毎日たくさんいることでしょう。この非効率なやり方ではさばききれないのではないでしょうか。電話したけれど話中で諦めた人がたくさんいるのではないかと思います。

忘れ物をする方が悪いのですが自分の非は置いといて(!)、もっと効率的なやり方はできないのでしょうか?

忘れ物のデータベースをユーザーが直接検索できるようにして、自分のものを見つけてから忘れ物センターに連絡するとかいうシステムにはできないのでしょうかね。データベースを公開すると、置き忘れたと装って他人のものを横取りする輩が現れてしまうという問題が発生してしまうのかもしれませんが。

ただもう少し効率化しないと毎日の落とし物をさばけないのではないかと思います。

スマートフォンを落としても見つかりやすくする方法

今回私のスマートフォンがすぐに見つかったのには理由があります。見つけやすかったからです。

「どんなスマートフォンですか?」と聞かれて「緑のクレヨンの絵のカバーです」この一言で確認する方はすぐに分かったと思います。写真の左のカバーです。こんなカバーを付けている人はめったにいないでしょう。目立つし説明もしやすいのです。

少し前までは写真右のカセットテープのカバーをつけていました。これでも目立ちますが、クレヨンの方がインパクトもありますよね。拾った人がいても着服するには気が引けるでしょうし

スマートフォンのカバーは特徴のあるものにしておきましょう!

(そもそも、置き忘れなければいいのですけどね)

※今日も読んでいただいてありがとうございます。

先日のブログでもお知らせしましたが、「親子エクセルプログラミングセミナー」を8/18にも開催することにしました。7/29と8/18で類似の内容で行います。ご都合のつくかたはぜひ参加してみてください。大人一人だけでも大歓迎です。


夏休みの自由研究が半分できあがる
親子エクセルプログラミング入門セミナー(2018/7/29 と 8/18)


7/29のセミナーの詳細はこちら


8/18 のセミナーの詳細はこちら

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

four × four =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top