家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

秘密基地を探してみよう!

先日、テレビをつけたらたまたまサンダーバードをやっていて、つい見てしまいました。

サンダーバードとは

サンダーバードは私が小さいころからやっていました。地球防衛軍(?)のような青いユニフォームのチームが世界平和のために活躍しています。
その乗り物の、サンダーバード1号2号3号が有名で、私も2号のプラモデルを作りました。
人間は昔は操り人形でしたが、今ではわざと人形っぽくしたCGになっています。

thunderbird2_640サンダーバード2号と4号

秘密の秘密基地

私が見たのは最終回でした。その中で気になった台詞が「そんなことをしたらこの秘密基地の場所がバレてしまう」
そうです。サンダーバードの拠点は秘密基地なのです。割れた山や滝の中からサンダーバード1号や2号や3号が出てくるのです。
派手に出てくるのに今まで誰にも知られていなかったとは! 誰もSNSでつぶやいたりしなかったのですね(笑)。

男の子は秘密基地が大好き

男は秘密基地が好きです。私も大好きです。子どものころには秘密基地ごっごをしたものです。昔の私の実家は、押し入れの天井を外すと屋根裏へ入れるようになっていて、秘密基地の入り口のようで楽しかったです。

大人になっても隠れ家が好き

大人になってからも、店の紹介で「隠れ家的なバー」とか書いてあると行きたくなってしまいます。

(以前のブログにも書いた気がしますが)あるところにこんなバーがありました。入口が噴水の裏に隠れています。噴水が止まったタイミングでないと出入りができません。まさに秘密基地のような隠れ家ですね。場所は秘密基地なので秘密です(笑)。

funsui1

こんな秘密基地を探してみるのも楽しいですよ!
 

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

five × one =

Return Top