家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

冬の入試はリスクがたくさん!

入試当日にはリスクがいっぱい

高校受験、大学受験の時期になりました。社会に出るときには、昔に比べれば少なくなってきたものの、学歴で評価されることが多いです。この入試で人生が大きく変わってしまうこともあります。

それなのに、大雪で電車が止まったなどのアクシデントで遅れて調子が狂ってしまう受験生もいます。流行しているインフルエンザにかかってしまう受験生もいます。この時期に入試をやるのはよくないのではないでしょうか。

再挑戦できる仕組みに

一時期、東大が秋入学にしようと動いていました。高校を卒業してから間があるのは問題がありますが、夏ごろに入試をやるのはいいことだと思います。インフルエンザの心配もなさそうですし。

上智大学などでは、TEAPという英語の検定試験を受けていれば英語のテストが免除になるという制度もあります。検定試験だと年に何度か受けられるのでアクシデントがあっても再挑戦できます。どうせならメジャーなTOEICを採用してほしいところです。

それに数学検定など、他の学科も検定試験で受験できればいいのに。

今後、センター試験や国立大学の入試が変わることになっています。総合的な学力を見るとか、思考力や判断力を見るとかうたっているようですが、どうせろくな改革にはならないだろうと私は思っています。教員の負担が増え、塾が儲かるだけではないかと。

公立中高一貫校の入試

公立の中高一貫校が徐々に増えています。公立では、入学時に学力で選抜していけないこととなっています。なので「試験」ではなく、「試検」が行われます。

国語や算数の知識を見るのではなく、考える力などを評価して合格者を決めるのです。

というのが建前ですが、実際は試験と変わりません。問題は難関私立中学並みに難しく、塾で対策問題をやって猛勉強しないと歯が立ちません。
学力で評価しないのなら、抽選にすればいいのに。

日本の入試、もっといい方向に変わってほしいと思います。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

1 × 3 =

Return Top