家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

エクセルのプログラミングとは? 初心者向けのVBAの基本的な説明

今日はエクセルのプログラミングの基本的な説明を書いてみます。

エクセルのプログラミングでどんなことができるの?

エクセルの表を仕事で使ったことがある人は多いと思います。合計を計算するSumや平均値を計算するAverageといった関数を使ったことがある人も多いかと思います。
 
けれどもエクセルでプログラムを作ったことがある人は少ないかと思います。エクセルで作られたプログラムを使ったことがない人も多いでしょうし、エクセルでプログラムが作れることを知らない人も多いかもしれません。
 
そんな方のために、エクセルのプログラムについての基本的なことを説明しておきます。

表の内容を自動で修正できる

例えば下のような表があったとします。N社のある部署で取引先と担当者が書かれた表です。
 
ここで担当者の大谷さんはロサンゼルスに転勤することになり、大谷さんの担当先を新人の清宮君が引き継ぐことになりました。
 
この表のデータを手作業で修正していくとデータが膨大だった場合には時間がかかってしまいます。要領よく修正するには、置換で「大谷」を「清宮」に置き換えるか、オートフィルターで担当者が「大谷」の行を選択して担当者を「清宮」に書きかえれば完了です。
 
単純な変更ならそれでいいのですが、複雑な条件の場合はどうでしょうか? 例えば、部長の栗山さんがこう言ったとします。
 
「大谷君は東京と関西を二刀流で担当してたけど、新人の清宮君には荷が重すぎる。関西のうち大阪は中田君の担当としよう。東京の各社の本社は部長の私栗山が担当しよう。それ以外の本社については個々に考えよう」
 
こんなときは置換やオートフィルターだけで編集するのは難しそうです。データー量が少なければ手作業でもいいのですが膨大な場合は修正に何時間もかかってしまいますし、間違えてしまうこともあるでしょう。

 

 

 

そこでエクセルでプログラムを作ってしまうのです。

 

 
担当が「大谷」の場合について。
  • 取引先に「大阪」の文字が入っていたら担当者を「中田」に替える。
  • 取引先に「東京」と「本社」の文字が入っていたら担当者を「栗山」に替える。
  • それ以外で取引先に「本社」の文字が入っていたら担当者を「要検討」とかに替える。
このルールでプログラムを作って実行すれば、あっという間に担当者を下の右の表のように替えることができます。セルの色や文字の色をプログラムで変更することもできます。
 

 
エクセルのプログラミングは例えばこういったケースで使われます。

エクセルのプログラミングでこんなこともできる

表の中のデータを取り込んでその中の文字を検索したり編集したりできます。数値のデータであれば、計算して結果を書き込むことができます。

入力したデータの内容によって条件を変えて編集や複雑な計算をすることができます。

入力してあるデータによってどう処理するかという条件が明確に決まっていればプログラミングによって自動で変更できるのです。

表のデータを編集したいときだけではなく、表に書かれているデータが正しいか、決められた条件にしたがっているかをチェックするプログラムを作って使うこともよくあります。

また、先ほどの例では1つの表だけを編集していますが、プログラム内で複数のシートやファイルからデータを取り込んだり書き込んだりすることもできます。Excelファイルだけではなく、テキストファイルなどからデータを取り込んだり、テキストファイルにデータを書き込んだりすることもできます。

VBAというプログラミング言語で書かれている

エクセルのプログラミングはVBA(Visual Basic for Abbekan じゃなくって、Visual Basic for Apprication)というプログラミング言語で書かれます。

Microsoft ExcelがパソコンにインストールされていればVBAでプログラミングすることができます。

プログラミング言語にはたくさんのものがありますが、VBAはプログラミング初心者でもとっつきやすい敷居が低いプログラミング言語です。プログラミングはやったことがないけどやってみたいという人にはおススメします。

覚えておけばエクセル表のデータを編集したいときにプログラムを作って自動で編集することができるようになるので仕事に役立つと思います。

今後このサイトではエクセルプログラミングVBAのことも書いていきますので参考にしてください。

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。

なお、私がよく利用する上の写真のカフェとエクセルとは全く関係はありません(笑)。上の表の担当者はフィクションです。実在する人物とは関係ありません!



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

nine + 4 =

Return Top