家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

Trick or Treat お菓子をくれなきゃいたずらするぞ って脅迫か?

Trick or Treat
お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ

 

■これって脅迫!?

 お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ

 すっかり定番になったハロウィンでのこのセリフ。子供たちの集団にこう言われたらお菓子を出すしかない。でもこれって脅迫だよなぁ。拒否していたずらされたって話は聞いたことないが。

 

■子供との交渉

 「おかたずけがちゃんとできたら、お菓子をあげよう」

 親は小さい子供にそんな交換条件を出す。何度もそんな経験を繰り返すと、子供は自分から交換条件を提示するようになる。
 交換条件という意味では Trick or Treat と同じだ。

「今度のテストで70点以上とったら、ゲーム買って!」

 実現可能で親を納得させられるかな、という条件を見つけて提示する。たいがいは自分に甘い低いハードルになっている。

「せめて80点だな」
と妥協点で交渉が成立する。

 子供は慣れてくると自分に都合がいい条件を見つけて言ってくる。だんだんと交渉術がうまくなってくる。うちの二郎は、すご~く自分に甘い条件を出してくるので交渉成立までには何度も脚下している。

 

■エサで釣るのは悪いこと?

 エサで釣って子供に何かをやらせるのは良くない
と教育関連の本などに書かれていることが多い。勉強なら勉強する意味を説いて納得させてやらないとためにならない、と。

 でもねえ。実際はそこで納得してやるいい子ばかりではない。
「あんたのためだよ」と二郎にいくら言っても効きやしない。仕方なく、エサで釣ってやらせることも多くなってしまっている。

 あなたもそいうことありませんか?

 エサで釣るのは確かによくない。

 

しか~し、交渉力をつけるトレーニングにはなっている。交渉力は社会に出たら必要なスキルだ。こういった小さなことから、うまく交渉する術を学べるのであれば、それも教育としてアリではないだろうか。

 と、ハロウィンにかこつけたちょっと無理やりな持論でした。(^_^;)

 

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

5 × three =

Return Top