家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

ヤマトナデシコ七変化

「なんかBが多かったみたい」  と四つ美。

 

1.ボケ?

 先週、小学校の前期が終って通知表が返された。小1の四つ美の初めての通知表。

 

成績どうだった?
「なんかBが多かったみたい」
覗いてみると、

 

多かったみたい じゃなくって全部Bだろっ!


見事に全部B。テストでいい点を取ってる科目もあったのにAが無い。
学年だよりには
 「めあてを達成できたらB の基準でつけています」
と書いてあった。

 

きっとほとんどの子がBなのかなぁ? 三奈のときの基準と違うけど、そういうことにしておこう。

 

2.ちょっとは落ち着けっ

 

 「スケートっ」 つーっと廊下を滑る四つ美。危ないぞ、やめろ と私が注意した直後に、
ドカッ(壁に激突「うぇ~ん(>_<)」

だからやめろって言ったのに。。。

 

 四つ美は常に動き回っている。とにかく落ちつきがない。いつも生傷が絶えない。とほほ。

 

3.アニニモ負ケズ

 二郎は四つ美と対等に喧嘩をする。6歳も離れてるのに(ー_ー)!!。
四つ美はすぐに泣かされていた。小さい頃は。

 

 でもさすがに慣れてきたようだ。多少やられたって負けない。やられたらやり返す。

 

でも10倍返しにはしないでね。仲良くしてよ。

 

4.ひっこみじあんの内弁慶

 幼稚園や学校で、四つ美は友達のママに話しかけられるともじもじもじもじ。何も話せない。
 あれっ、ウチにいるときとずいぶん違うゾ。

 

5.ぜったいにあきらめない

 立体四目ならべを(詳しくはこちら)家族でやった。

 

 私も二郎も三奈も、四つ美相手に手を抜かない。四目ならべなのに早いときには5手で負ける。弱い。でも、四つ美は負けても負けても負けても負けてもまだがんばる。

 

 勝つコツは勝つまでやめないことか。。。(笑)

 

6.メロメロ光線で魔性の女?

 メロンパンナハンコックが出すように、四つ美はメロメロ光線を出している。

 

 普通は父親が娘に甘くなるのだが、ウチでは10歳年上の太郎は四つ美にメロメロ。頼まれると何でも言うことをきいている。

 

 将来は男を操る魔性の女になるのだろうか?

 

7.気づかってるの?

「四つ美のお年玉から1000円あげる」
「お金が無い」 といつも愚痴っているママを見かねてお小遣いをあげようとしている。やさしい。

 

 しかもストレートに「あげる」じゃなくって、手紙にして表現をソフトにして書いている。ママのプライドを傷つけないように気遣っているのだろうか?

 

 兄と姉の下で、ときには甘やかされ、ときにはしいたげられて育ってきた四つ美。これからどんな女に育つのだろう?!
 

PS. 今日も読んでいただいてありがとうございます。
今週はなりゆきでKyon2特集になっちゃいました(^_^;)。

 

なんてったってアイドル学園天国半分少女ヤマトナデシコ七変化

 

ちなみに、サザンオールスターズ特集はこちら(笑)
死体置き場でロマンスを私はピアノ、好きくない市長、言葉に御用心瞳の中にレインボウズ真夏の実家

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

4 × 5 =

Return Top