家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

放送ライブラリ で「赤毛のアン」

「放送ライブラリー」 に行って来た。
横浜スタジアムの近くにある放送番組専門の公開施設で利用は無料だ。

 

■テレビの歴史とスタジオ体験

 9階の展示ホールには、昔のテレビが置いてあり、昔のテレビ番組の紹介もしている。昭和初期(?)に街頭テレビに群がって力道山の空手チョップを見ている様子などもある。

 体験コーナーではニュース番組のアナウンサー役を体験でき、できあがった映像を見ることができる。有料でDVDにして持ち帰ることも可能。また、スタジオで複数のテレビカメラを切替えて番組を作ることも体験できる。

→テレビ関係の仕事に興味がある子には、一度体験させてみるといいかもしれない。

 

■好きな番組を選んで見られる

 8階の視聴コーナーでは過去の番組を視聴できる。1人~3人でモニターの前に座り約3万本のテレビ番組から検索して好きな番組を見ることができる。

私と妻と四つ美の3人で「小公女セーラ」を鑑賞。見たい番組があるかを事前にネットで検索しておくこともできるようだ。

 個室ビデオ店と違って無料で見られるのがいい。ただしエロビデオも無ければ個室もないしティッシュも置かれていない(^_^;)。あと飲食禁止だけどね。

 

■「花子とアン」と「赤毛のアン」
Ann2 

 NHK連続テレビ小説「花子とアン」の特設コーナーがあり、9/13までは 「赤毛のアンと世界名作劇場の仲間たち」 という特設展示もあった。そして「赤毛のアン」や「あらいぐまラスカル」など懐かしいアニメの90分完結版の作品の上映会も。
Meisaku 

 「花子とアン」 は四つ美も見ている。記念写真を撮って上映会で「赤毛のアン」を鑑賞。この日は親子3人で懐かしいアニメを楽しんだ。
 

 「放送ライブラリー」 に(ライ)ブラリと行ってみては(^_^;)!

 

※いつも読んでいただいてありがとうございます。
三連休、と思ったら最後の日は出勤になってしまいました。いい天気だったのに。。。

—–

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

three × five =

Return Top