家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

【家庭教育】機械を分解してみよう!

イクメンパパの家庭教育 図工編

 

「私もやる~」

 ノートパソコンを捨てることにした。下取りにも出せそうにない古いやつ。どうせなら中身を子供に見せておこう。うちにはデスクトップのパソコンが無いから中は見せたことないし。

 ドライバーでネジを外し始めたら、三奈と四つ美がやりたがった。

PC 

■パソコンの構成

 中がちょっと見えたところで、子供たちにパソコンの5大装置を説明した。情報処理技術者試験の最初に出てくる内容だ。

演算装置:CPU。このチップで計算を行う。

制御装置:動作すべきタイミングとその動作を指示する。

記憶装置:メモリやハードディスク。データを保存するところ。ハードディスクは中に円盤が入っている。

入力装置:パソコンに伝える人の命令を取り込むもの。キーボードとマウスとCD-ROM装置。タッチパネルはこのパソコンにはついていない。

出力装置:パソコンでの処理結果を人に伝えるもの。ディスプレイ、スピーカー。つなげばプリンターも。

 

■機械は分解してみてから捨てよう!

 機械を捨てるときに、ただ捨てるのではもったいない。こんなふうに、ちょっと分解してみて子供に見せて仕組みを考えさせてみるといいと思う。こういうところから、ものづくりへの興味が育っていくだろう。

 太郎が乳児のころ、いつもイタズラしてビデオデッキのカセットを入れる部分にいろんな物を入れた。ビデオデッキのケースの扉にチャイルドロックをつけてもすぐにクリアして開けてしまった。

 そして物を入れられるたびに私はビデオデッキを分解したものだった。おかげでビデオデッキの内部に詳しくなったぞ(笑)。

この本も機械の中身を知るのに役立ちます。
「身のまわりのモノの技術」

 

PS.
いつも読んでいただいてありがとうございます。
昨晩、エンジニアライフにコラムをアップしました。ご覧ください。
「缶切りもフロッピーディスクも知らない世代」

 

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術 (中経の文庫)/中経出版
¥680
Amazon.co.jp

 

雑学科学読本 身のまわりのモノの技術vol.2 (中経の文庫)/中経出版
¥680
Amazon.co.jp

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

twenty − 1 =

Return Top