家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

カラーボールは当たるのか? 銀行強盗してみよう!?

■現金輸送の警備

 

 通勤途中にM銀行の裏の道を通る。開店前の時間帯。白と黒のALSOKの車から2人の警備員が前後をきょろきょろ見回して警戒しながら降りて来た。おそらく開店に必要な現金を持って来たのだろう。

 

 

 ちょっと年配の男性行員と若い女性の行員がそれを見守っている。女性の手にはオレンジ色のカラーボールが握られている。強盗にぶつけると特殊な落ちない塗料が飛び散って追跡しやすくなるというボールだ。

 

 彼女はスポーツが得意そうには見えない。いざ強盗が現れたときに彼女はカラーボールを当てることができるのだろうか?

 

■エースピッチャーだったら?

  ある銀行では、カラーボールを銀行強盗に命中させるため、甲子園のピッチャーをスカウトし、毎日銀行裏のブルペンで投球練習させているとかいないとか(笑)。

 

 以前にテレビ番組で、近くの的に何かのボールを当てるというものがあった。そのとき登場したのはもと広島カープのエース、北別府氏。当然当たると思っていた的を見事に外した。しかも2回も。

 

■実験してみよう!?

 もとプロのエースだって的を外す。実際はカラーボールはなかなか当たらないのではないか?

 

 よし、実験だ。銀行強盗をやってみよう!

 

ウソです。よい子はマネしないでくださいね。

 

 でも、町で何かを見かけたら、疑問を持って実験してみる、という姿勢は大事だ。子どもと町を歩いたときには、実験材料となるものを探してみよう!

 

 

※いつも読んでいただいてありがとうございます。
あのカラーボール、一度人にぶつけてみたいなあ!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

one × 3 =

Return Top