家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

天体の実験 地動説はボールで説明

「ここは7月より2月の方が気温が高い、ヘンだ!」
白い表紙のチャレンジ4年生をやっていた三奈が聞いてきた。

 

「南半休だったら7月が冬だろ」 と私。
「なんでー?」
えっ、この子はわかってなかったのか……しまった(>_<)

そこで、「子供と日食の実験をやってみよう」でやったように、
私は、ボールを持ってきて天体の実験を始めた。

earth3

まずはボールを地球に見立てて、地球の公転と自転の説明
地軸が傾いているから、
こちら側に地球が来ると北半休が昼が長くなるが、
あちら側に地球が行くと北半休は昼は短くなる。

 

さらに、今度はボールを太陽、テーブルを地表にして地球からの太陽の見え方の説明。
夏の太陽はこの軌道で19時ころテーブルの下に沈む。
冬の太陽はこの軌道で17時ころテーブルの下に沈む。
北極の夏の太陽はテーブルの上をくるくる回り沈まない。
北極の冬の太陽はテーブルの下をくるくる回っていて見えない。

 

これだけ見せておけばイメージがつかめただろう。
このようなモデルを使った実演をしておくと、ものごとを立体的に把握する力がつくので、私は機会があればやるようにしている。

 

ひととおり説明してから、私が
「問題を解くときは、今のをイメージするんだよ」と言うと、
「でも、この問題は算数のグラフの見方の問題だよ」
ありゃ、理科じゃなかったのか。
じゃあずいぶん脱線しちゃったな。まっ、いいか(^_^;)

 

PS. あべっかんの疑問
 春分の日と秋分の日は祝日なのに、夏至と冬至はなぜ祝日じゃないのだろうか? 昼が一番長い日/夜が一番長い日 の方が、昼と夜の長さが同じ日 よりスゴイと思うのだが……

Follow me!

About あべっかん

四児の父・あべっかんです。 四人の子どもを育ててきて思いました。今の学校や塾をアテにしすぎてはいけない。学校は最低限のことしかやってくれないし、塾はお金ばっかりかかる。 子どもには家庭教育が大事なのです。では親はどうすればいいのか? このブログで私も試行錯誤しながら追及していきます。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

17 + 16 =

Return Top