家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

娘とのデートコースを考えよう!

娘に振らちゃった

私は土曜日は忙しいことが多いのです。出勤になったり病院へ行ったり。四つ美は毎週日曜日にピアノのレッスンを受けています。だから私は休日になかなか四つ美と遊びに行けません。

先日、珍しくピアノのレッスンが休みになりました。四つ美と出かけるチャンスです。私は車で寄らなければいけないところがあったので、そっちの方向の観光地にドライブに行こうと誘いました。
ところが四つ美は
「お姉ちゃんとスヌーピーグッズがある店に行きたい」

と言います。そのお店は私が向かう方向とは違うし電車で行った方が早いのです。私は振られてしまいました(泣)。

nayami4

近くの公園でも喜んでいたのに

少し前までは、四つ美には私が連れて行くと喜ぶ場所がたくさんありました。ゴジラのいる公園とか、こども科学館とか、動物園とか。

小学4年生になった今では、生意気にも行き先を選ぶようになりました。振られないためには魅力のある企画を立てなくてはいけません。

最終的には、パパと出かけると美味しいものが食べられるとか、何か買ってもらえるといったような、お金で釣らなければいけないようになってしまうのかもしれません。でもそれって虚しいですよね。

goddila1_640

娘が喜ぶパパ企画は?

では、どんな企画なら娘が付いてきてくれるでしょうか?

うちではママは車の運転はしないので、パパならではのメリットはやはりドライブがいいでしょうか。車でなければ行けないところを考えるのがよさそうです。

昔、ドライブデートの本を見てデートコースを研究していたのを思い出します。青春時代に戻ったみたいでちょっとワクワクしますね!

car7

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

five × five =

Return Top