家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

転んでもタダでは起きるな!

 昨日のブログ「健康を損ねてわかるありがたさ」で書いたように、体育の柔道で足を捻挫してしまった二郎。松葉杖生活が続く。

 

 

 

■ヒマなら勉強でもすれば

 卓球部にも出られず、外に遊びにも行けず。いつも家にはいないで外で遊び回っている二郎にとっては休日も退屈。家でゲームをしたり古いマンガを読みなおしたり。

 

 いつも忙しくしてるんだから、こんなときにやれることもあるだろ。そもそも足が悪くても勉強はできる。この機会に普段できなかったところまで勉強して。。。

 

という気はサラサラ無いらしい。小学生の妹たちよりも家での勉強時間が短い二郎。

 

 せっかくの松葉杖体験だ。何が不便かを知って、バリアフリーのために何をすべきなのか、体の不自由な人はどう思っているのか、パラリンピックなどの活躍の場はどれくらいあるのか、などを考えたり調べたりしてみれば。何か作文を書かされる機会があったときに役に立つよ。

 

 と二郎に言ってみたが、考えているやらいないやら。

 

 

■特訓だ

 二郎の卓球部は人数も多く厳しい部だ。部内の試合で二郎は最近調子を上げて上位に入ってきたところ。でもしばらくお休みでは落ちてしまう。

 

 できることがあるだろ!

 

 ウチにはミニ卓球台がある。2m×1mくらいなのである程度の練習になる。その卓球台の足をたたんで代わりにキャンプ用のベンチの上に置いてお座敷卓球台のできあがり。

 

 膝をついて打てばフットワーク以外の練習はできる。私が球出しをしてあげた。この機会に、苦手なバックハンドを克服したり、サーブを鍛えて得意技にしてみろよ。

 

 

■逆境をバネに

 足を負傷しても卓球の練習はできる。逆境であきらめてやる気をなくしていてはいけない。転んでもただでは起きてはダメだ。

 

工夫して、今できることをやる。 捻挫したおかげで、かえってこんなことができた。 いい体験になった。 と思うようにすべきだ。
がんばれ二郎!

 

 本当は、この機会にたっぷり勉強してほしいんだけどね(^_^;)

 

「健康を損ねてわかるありがたさ」

 

いつも読んでいただいてありがとうございます。
土日は更新をお休みします。また来週(^o^)/。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

18 + nineteen =

Return Top