家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

子どもに任せるのは超心配だけど見守ろう!

子どもや後輩にものを教えるのは大変です。自分でやった方が手っ取り早いです。でも、相手の成長も考えてじっと見守ることが大事です。

自分がやった方が早いのに

子どもにものを教えるのは大変です。なんで分かってくれないの! これじゃダメって言ったでしょ! とイライラしてしまうこともあります。勉強の場合はそれでも教えるしかありません。でも、お手伝いの場合は、もういいよパパがやるから。となってしまうことがあります。

adventure2

任せて見守る

人にものを教えてやらせるよりも、慣れている自分がやった方がすぐに終わるので楽です。けれども、それをいつまでもやっていると子どもや後輩が育ちません。いつまでも他人に任せることができずに自分で背負い込むことになってしまいます。

任せるのが心配でも、任せてじっと見守らなくてはいけません。

surprise_lady

運転を見守るのは超心配!

最近、長男の太郎が自動車免許を取りました。私が助手席に座って運転させます。が、とにかく危なっかしい。事故を起こしたら大変だし、とても心配です。運転させたくない。でも運転しなければ上達しない。
何かを教えたり見守るとき、車の運転ほど心配なものはありません。でもじっと見守らなくてはいけないのです。親はその漢字のように、木の上で立って見ているべきものなのです。

でも、任せて見守るってたいへんだなあ、と感じました。

car7

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

fourteen + fifteen =

Return Top