家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

遅刻寸前でリラックス -万全でない方が力が出せることもある

試験や試合には、万全な体制で臨むよりもちょっとか不備なことがあった方が、余計な緊張がなくなっていい結果が出せることがあります。

英語の試験に出発!

中2の三奈が英語の検定試験を受けました。一次試験はなんとか通って今度は二次の面接試験です。対面での口頭試験なので緊張せずにリラックスして臨めるかがポイントでしょうか。
会場がちょっと不便な場所だったので、私が車で近くまで送って行くことにしました。ところが。。。

普段あまり行かない方向だったので、カーナビに目的地をセットしてあとはカーナビ任せ。これが失敗でした。

うちの車のカーナビは私は大嫌いです。私に合わないのです。操作メニューが私が直感的に操作できるところにないので、やりたいことのボタンを探すのに時間がかかってしまう。私的にはあり得ないような道を選ぶ。そしてときどき、目的地に着いたことを報告しない。以前の車につけた富士通テンのカーナビは使いやすかったのに、今の車のナビは最悪です。二度と買いません。
で、その3つめの欠陥にやられました。

EnglishDictionary

ハマった (+_+)

左折すればすぐ目的地に着く手前の交差点を目的地にしておいたのですが、そこに着いたことが報告されませんでした。もうすぐ左折とは思っていたのですが、予想していたような太い道ではなかったのでいつの間にか通りすぎていました。
「あれ、左折できる道がないなあ」とずいぶん進んでしまいました。これは行きすぎた、と気付いてぐるっと回って戻ることにしました。ちょっと細い道に入ると住宅地でした。
戻る方向に進んで行くとだんだんと道が狭くなります。どんどん狭くなって、うっ、これ以上進めないっ。

仕方がないので1台分空いていた狭い駐車場を使ってUターン。
するつもりが狭すぎて回れません。切り返しを二十回くらい繰り返したあげく、「ダメだこりゃ」。
うちのミニバンではUターンできません。あきらめて元の体制また苦労して戻します。ゆっくりとバックしてなんとか脱出。

そんなことをしているうちに試験の集合時間が迫って来ました。元の太い道に戻って目的地を探します。
「あった。あそこが試験会場だ!」着いたときにはもう集合時間の2分前でした。セーフ。間に合った!

あとで確認したところ、私がUターンに苦しんでいたところは目的地のすぐ裏でした。

ギリギリに着いた三奈ですが、試験は緊張することなくリラックスして受けられたようです。

万全な体制で余裕綽々で臨むよりも、時間ギリギリだったり何か不備があった方がかえっ緊張しないで臨めるということがあります。

car7

余裕がない方がリラックスできるかも

私は昔テニスをやっていました。テニスの試合では、時間に余裕があるとかえっていろいろなことを考えてしまって緊張してしまうことがありました。

むしろ、遅刻しそうになったとき、トイレに行きたいのを我慢しながら試合したとき、足が痛いなどの負傷をカバーしながら戦うときの方がいいプレーができたりしました。
おそらく、意識が「間に合った」「トイレに行きたい」「足が痛ぇ」の方に行っているために余計なことを考えずに力が抜けたのでしょう。何かマイナスになることを抱えている方がよい結果を出せることがあるのです。

三奈も遅刻寸前で到着したことで、リラックスして試験に臨めたかもしれません。と、良い方向に考えておきましょう。(笑)

tennis2

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

eleven + 5 =

Return Top