家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

未来のノーベル賞科学者を育てるには!

ノーベル賞授賞の話がニュースになっている。
 理系のノーベル賞を授賞するような人って、子どものころから好奇心旺盛だったんだろうなあ。

 

■二ャんでだろう?

 私が小学生のころ、家で猫を飼っていた。

 猫は好き勝手に家の各部屋に出入りする。家のリビングのドアは軽い引き戸だった。ドアが閉まっていると猫は前足の爪を引っ掻けてドアを開けて寒い廊下からリビングに入って来る。

「開けたら閉めろよ」
と言っても開けっぱなしで閉めない。猫だから当然だけど。

 ところが、リビングから廊下に出るときはドアを開けられない。
「二ャニャ二ャニャ二ャ(あけてくれ)」
と言って人に開けてもらうのだ。二ャんでだろう?

 

■あべっかん少年の大発見

 同じドアをなぜ開けられないのか?
廊下から入って来るときには引き戸を左側に開ける。右手(右前足)を使って。

廊下に出るときは引き戸を右に開けなくてはいけない。この猫はそれができない。左手は使えないんだ。

「わかった、こいつは右利きなんだ!」

 右手をテニスのバックハンドのようにして引き戸を右に開けるのは難しい。左手は使えない。だから開けられない。

 うちの猫が右利きだった、というのは私にとって小さな大発見だった。

 

■ノーベル賞科学者を育てるには

 ここで好奇心旺盛の子どもだったら、じゃあ調べてみよう。といろんな猫や犬を捕まえて利き手を調べる実験をするところだろう。
私がそれをしていれば、今ごろは立派な科学者になってノーベルにゃんこ賞を授賞していたに違いないw。

 子どもがちょっとした疑問を持ったり発見をしたときは、さらに深く調べてみるように後押ししてあげるといいと思う。未来のノーベル賞科学者を育てるために。

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
小さな大発見(?)って、したことがありますか?

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

13 + twelve =

Return Top