家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

おみくじ会の計画は完璧(!?)

何をコピーしてるの?

 

 もうすぐ四つ美の7歳の誕生日。その日に四つ美は「おみくじ大会」を主催すると言いだして、チケットを作って家族に配った。そして昨日、なにかをコピーしてると思ったら、おみくじ大会のプログラムだった。これがなかなか面白い(^.^)。

 

■おみくじ大会のプログラム

 5ふんづつやる

①四つ美からのもんだいをやる。
②おみくじかい
③おみくじかい。
④おみくじかい。
⑤5ふんきゅうけい

5このやくそくをまもってやる。
 リビングにきたらチケットをもってくる
 四つ美からのもんだいをやるときは 男女わかれてすわってやる
 おみくじかいのはじめはじゃんけんして、とけいまわりでやる。
 5ふんきゅうけいは なしでもやっていい
 あとからやめるときは ならいごとやひとがこまってるとき。

ほかにききたいことがあったら ひとり1かい 手をあげる。

Omikujikai

■完璧なプログラム(!?)

 運動会や入学式のプログラムを思い出してマネしたんだろう。
 普段は家族を仕切ることはないが、この日ばかりは会を主催して全部仕切ろうとしている。5分単位の綿密な計画。5個の約束まであるのは、せいいっぱい考えているんだなあと思う。

 分からないことがたくさんあるが、質問はひとり1回しかできないようだ。でも、これだけ作れるようになったとは成長したな(^^♪。

 

PS. 今日も読んでいただいてありがとうございます。
さきほど、エンジニアライフにコラムをアップしました。物騒な事件をネタにしましたが、よろしかったらお読みください。
「サッカーの判定を巡る刺殺事件-ITシステムで誤審をなくせ」

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

two × five =

Return Top