プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

逃走中! 反抗期の園児

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

「たっくん、待って!」

 道を歩く私の横をかすりながら幼児が走り抜けた。

 雲一つない青い空の今朝、会社に向かう道の途中。幼稚園の送迎バスに乗せようと、母親と先生がたっくん(仮名)を追い回している。

   たっくんはふざけて逃げ回る。ワンパク小僧のせいでバスの中で待たされる5,6人の園児たち。

 うちの二郎が幼稚園生のころは、先生の言うことなんてきかなかった。反抗期だったのだろう。右を向けと言われれば左を向き、先生に「ブス!」と言っていつもケンカしていた。園児なので、まあかわいいもんだが。先生も笑って許してくれていた。

 そして小学生になった。小学校は幼稚園から近いので、毎年運動会のときには幼稚園の先生が見に来る。そのときも二郎は、

「あっ、ブスが来た」
とか言っていた。高学年になってやっと、
「こんにちは」
とちゃんとあいさつできるようになった。先生も、大人になったなぁ、と成長を喜んでくれた。

   そういえば30年ほど前の私が幼稚園生だった頃(ちょっとさば読み!)、もそうだった。 幼児あべっかんは毎日先生とケンカしていた。ことごとく反抗した。

タバコをふかし、バイクに乗り、窓ガラスを割った。(これはウソ!)

 言うことを聞かないので、締め出されて別室に隔離されたことがあった。昼になって別室に私の分の給食が運ばれたが、私は意地になって食べなかった。でも味見をしたくって、スパゲッティーを1本だけ食べた。なぜかそのことを鮮明に覚えている。

 あるときは外に締め出された。すると私は園庭の塀を乗り越えて、15分歩いて勝手に家に帰ってしまった。その後、母親に強制送還されて幼稚園に戻った。悪ガキだったなぁ。

 そんな経験があったので、二郎が幼稚園で言うことを聞かなくても、自分もこうだったなぁ、と思うとある意味で安心していられた。

 幼稚園生とか小学生低学年のうちは、子供が言うことを聞かなくてもそれほど心配しなくてもいい。一時的な反抗期であることが多いし、それを経験した方がその後はちゃんとおとなしくなる。むしろそういう経験がなくて中学生になってから荒れだした方が大変だと思う。

 

 「つ~かまえたっ!」
 たっくんが先生に捕獲された。まだまだ甘いナ、たっくん!

 



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

13 + fifteen =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Comment on Facebook

Return Top