家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

遠心力の実験? それとも大道芸?

はまぎん こども宇宙科学館 にまた三奈と四つ美を連れて行った。

 

■サイエンスショー「くるりん宙かえり」

 「くるりん宙がえり」というサイエンスショーをやっていた。

 まずは説明員のお姉さんがカボチャの人形を入れたバケツを持った腕を縦に大きく回す。ゆっくり回すとバケツが上に行ったときに人形は落ちるが、速く回せば落ちない。

 これは子供でも分かる。遠心力が働くからです。ってそこまでは簡単だ。この先、どういう話に展開するのだろうか?

 

■水入りのバケツで

 今度はお姉さんはバケツに1.5リットルもの水を入れた。

 「これを回すとどうなりますか?」

 速く回せば水はこぼれない。これは簡単だ。

 「では、やってみます。10回まわします」

 って、大丈夫か? うまくやっても多少はこぼれるだろう。失敗すれば最前列にいる私もびしょ濡れだ。半身になってよける構えをしながら見守る。

 ぐるぐるぐる、ぴたっ!

 うっ、うまい(^_^)/~

 止めるときが難しそうだが、うまく力を抜いて1滴もこぼさなかった。お見事!

 

■ハンガーと10円玉で
 お姉さんは次に、曲がった針金のハンガーと10円玉を取り出した。ハンガーの引っかける方の上に10円玉をそっと置き、反対側を指に引っかけた。
 hunger1.jpg 

 「ここでも遠心力が働いて落ちません」

と言うと、さっきと同じように上下にくるくる回しだした。

 静止した状態で10円玉を乗せるのも難しいのに、回すとは。ちなみに0円玉とハンガーにノリなどがついていないことは、最前列にいた三奈が事前に確かめている

 そして、最後に停止するときも、ぴたっ。10円玉は落ちない。お見事!

 家でもできるのでやってみてください。そう言われたので家でやってみたが、回すなんてとても無理だ。静止した状態でバランスをとるのがやっとだ。(^_^;)


 遠心力のお勉強のはずのサイエンスショーだったが、勉強というよりはお姉さんの大道芸みたいだったなあ(笑)。


はまぎんこども宇宙科学館関連ブログ
「ペットボトルロケットを飛ばしたゾ」
「月の軌道は花びら大回転」

 

PS. いつも読んでいただいてありがとうございます。
ハンガーと10円玉の芸、ぜひ挑戦してみてください。乗せるところが平らになるハンガーだとやりやすい、ってお姉さんが言ってました。

 

—–

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

10 − 2 =

Return Top