家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

昭和レトロの思い出グッズを子どもたちに引き継ごう

ひと昔前に当たり前にあったものが今では全く見なくなったりしています。昔お世話になった懐かしいグッズを子どもたちに教えてみましょう。

ケロリンの風呂桶

先日、駄菓子屋でこんなものを見つけて思わず買ってしまいました。

ケロリンと書かれた黄色い風呂桶です。昔、銭湯でよく見ました。最近では見なくなったので、懐かしいなあと思って購入しました。その駄菓子屋は昭和レトロのものをいくつも売っていたのでその1つなのでしょう。店の買い物かごの代わりにケロリンの風呂桶を使っており、それ自体も商品にもなっていました。
 
今では見かけない、懐かしいと思って買ったのですが、今でも多く生産されているようで、最近銭湯で見たという人もいました。
 
うちの子どもたちはケロリンの風呂桶など知りません。けれどもうちにケロリンの風呂桶があって使います。そして10年,20年後になって、どこかでケロリンを見たときに
「これ、昔実家にあった。懐かしい!」
と懐かしさを感じてくれることでしょう。
子どもたちの世界に昭和の「懐かしさ」を引き継いだのです。
 

今は見かけない昭和レトロの遺品たち

私が子どものころ、学生のころには当たり前にあったのに、今の子どもたちは見たこともない、存在すら知らないというものが意外にたくさんあります。

家の中では、ダイアル式の電話機、ブタの蚊取り線香、缶切り、ボンナイフ、レコードにカセットテープにビデオテープ、フロッピーディスクも最近は見ません。腕時計につけるアルミのカレンダーなんていうのもありました。ダイアル式の電話機や缶切りなどは使い方が分からない子どもも多いことでしょう。一家に一冊はあった電車の時刻表は、今では鉄道マニアしか持っていないのではないでしょうか。
 
外に出てみると、電車の手動改札、プルタブの缶ジュース、喫茶店のルーレット式正座占い、ジュークボックス、テレホンカードにハイウェイカード、車の窓につけるドリンクホルダー、ラケットプレス。
 

これらを知っている人は昭和生まれのオジサン、オバサンです。

昭和レトロのグッズを家宝にしよう

昔お世話になった昭和レトロの道具たち。消えてしまって見られなくなるのも寂しいものです。

昭和レトロのマニアでなくても、昔のものを1つや2つぐらいは持っていたいものです。こうやって古い文化を引き継いでいくのもいいと思います。あなたも昭和レトログッズを探してみてはどうでしょうか。家の家宝にできるかもしれませんよ!

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。

あなたの家には家宝はありますか?(笑)



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」小学生のパパ編/中学生のパパ編
KindleUnlimited対象の電子書籍です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。


電子書籍とPODの出版をサポートします


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

17 − two =

Return Top