家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

子どもの好き嫌いをどうする? -無理に野菜を食べさせなくてもいい(?!)

好き嫌いが多い子どもはどうすればいいのでしょうか。無理矢理にでも食べさせるべきでしょうか?

野菜を食べなくて栄養バランスがとれない、と思っていても意外と大丈夫だったりする人もいますよね。

好き嫌い 野菜なんて大嫌い!

うちの二郎は食べ物の好き嫌いが多くて困っています。野菜はほとんど食べません。牛丼の玉ねぎやラーメンのネギまで嫌がります。

ですから、外食をするときはファミレスのハンバーグや焼き肉、マクドナルドに入ったときもレタスが入っていない一番安いハンバーガーかチーズバーガーしか食べるものがありません。これでは大きくなっても女性を食事に誘うこともできませんね。

私の会社にK君という30代の男性がいます。この男も野菜はほとんど食べません。会社の飲み会のとき、野菜が混ざった料理から器用に野菜を分離して取り除いていました。

野菜を食べないけれども、特に体が弱いとか風邪をひきやすいとかいうこともなく、健康そうに過ごしています。K君はわりといい男ではありますが独身です。女性を食事に誘うことができないからなのでしょうか?

有名人にも野菜嫌いが

有名人では、私がしるところでは、Perfume「かしゆか」が野菜嫌いです。野菜が混ざった料理からきれいに野菜を取り除くことができるのが特技だそうです。

以前に横浜ベイスターズや巨人に在籍した、マーク・クルーン投手も偏食だとききました。いつもピザかハンバーガーしか食べていなかったそうです。スポーツ選手なのに。それでも日本最速記録となる160km/s台の速球を投げていました。栄養バランスが悪くても体はしっかりしていたようです。

体が進化する?

寒い国に住んでいる人たちは辛い物やウオッカで体を温めたりしています。寒い土地では十分な野菜が採れないかもしれません。それでもそんな土地で長く生活していると、体のほうが寒さに強くなってくるようです。土地の気候や食生活に合わせて体が進化してくるのです。

同じように、好き嫌いも何十年も続けていれば体が進化してくるのではないでしょうか。

野菜の摂取が少なくてもなんとかやっていけるように、体内の酵素や内臓が進化する。それで160km/hの速球も投げられるようになる。そう思うと、野菜嫌いな子、好き嫌いが多い子に無理やり食べさせるように苦労しなくてもいいのかなあと思います。

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。

ちなみに私は大根おろしとおでんの大根だけは苦手です。苦手な食べ物ってありますか?

 

忙しいSEも育児ナシを卒業

KindleUnlimited対象の電子書籍です。

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか?  きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。 子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。 そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。 子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。 大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。 それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

sixteen − 6 =

Return Top