家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

【家庭教育】夏休みの自由研究シリーズ 東芝未来科学館(1)

イクメンパパの家庭教育 理科編

 

 

 

「おっ、意外と広いな!」

 東芝未来科学館に行って来た。
 神奈川県の川崎駅のすぐ前。ラゾーナ川崎に移転してきた東芝未来科学館。1フロアのみながら意外と広い。入館は無料だ。

 

 

■1号機ものがたり

 数々の電化製品を作りあげてきた東芝。その1号機である昔の製品が展示してある。

 

 机ほどの大きさのワープロ。何百万円もしたようだ。昭和前期の映画に出てくる白黒テレビ。私が幼児のころ家に白黒テレビもあったのを覚えているけれど、それよりずっと古臭い。
TV 

 

 お釜のような洗濯機。ぐるぐる回して汚れを取る、という基本的な原理は現在と同じ。実際に使っている様子がビデオで上映されている。

 

 上についているローラーは写真では見たことがあったけど実物は初めて見た。これで衣類を1枚づつ手で入れて絞るんだけど、手で絞るのと手間はあまり変わらなそう。衣類がぺちゃんこになりそうだし。
Sentakuki 

 

 その他にも蓄音機、掃除機、電子レンジ、トースターなどの昔の電化製品が展示してある。
 さらには、カラクリ人形などのロボットの元祖のようなものも。
Karakuri 

 

 写真撮影可、なのでこれらの写真と説明をまとめるだけでも、夏休みの自由研究ができあがるぞ!。

 

 

※今日も読んでいただいてありがとうございます。
東芝未来科学館のネタでもっと書けそうなので続けます(^^)
つづきはこちら

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

11 − 5 =

Return Top