家庭教育で賢い子を育てるイクメンパパの子育て術

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

修学旅行で置き去りに!

■就学旅行で沖縄へ

 先月、太郎が修学旅行で沖縄に行って来た。台風が来ていて心配だったが、行動計画が影響を受けたのは意外と少なかったようだ。帰りも飛行機はちゃんと飛んで予定通りに帰って来た。1人を除いては。

 300人の高2の生徒の中でたった1人、K君は帰って来れなかった。現地で急に盲腸になって病院へ。楽しいはずの修学旅行が見知らぬ地での入院生活になってしまった。お気の毒に。

 

■私も危ないところだった

 今からン10年前、私の高校では修学旅行で沖縄とは真逆の北海道に行った。楽しく過ごして帰って来た次の週になって、私は急に腹痛に襲われた。普通の腹痛とはちょっと違う痛さ。病院に行ったら、盲腸だった。

 もう少し早かったらK君と同じように、修学旅行中に北海道に取り残されていた。危なかった(^_^;)。

 

■覚悟していれば対応が違う

 息子たちには、
「遺伝的に君たちも盲腸になるかもしれない。
 腹痛になったら無理せずに病院に行くように」

と言ってある。そう聞いていれば対応も変わってくる。これで無理して我慢して悪化させることはたぶんないだろう。

 こういうことをあらかじめ覚悟させておくことって大切だなあ、と改めて思った。

 私もいっそ北海道か沖縄で、仕事を忘れて入院生活でもしてみたいなあ、とちょっと思ったりもする(笑)。

 

PS. いつも読んでいただいてありがとうございます。
私は3連休中は体調を崩しておとなしくしておりました。回復したので、今日からは働くぞ~!

Follow me!

About あべっかん

私には四人の子どもがいます。子どもたちを育ててきて気がついたことがあります。うちの子に限らず、今の子どもたちは未来に希望を持っていないのです。それはなぜでしょうか? 
きっと、親が楽しそうにしていないからではないでしょうか。
子どものためだと思って夜遅くまでせっせと働き、休日も子どもの世話でりと忙しい日々を送ってきました。
そんな親を見て子どもは、大人って大変だ。自分も大人になったら辛くなるんだ。そう感じたに違いありません。
子どもたちにそう感じさせてしまったのは失敗でした。
大人はもっと自分の人生を楽しむべきだ。仕事を楽しくできるようにしたい。一人でも多くの大人が楽しんで仕事をしているところを子どもに見せられるようにしたい。

それを踏まえて、賢い子を育てる方法と、大人が楽しく学べるようなエクセルプログラミングについて書いています。

リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
DigiPress

7 − 1 =

Return Top