プログラミング教育で賢い子を育てるサイト

地図育のオリエンテーリングで迷ったら仮説を立てる プログラミングのIf文のように

abekkan_LL.jpg

ようこそ!
「四児の父・あべっかん」のブログです。
子どもの家庭教育を中心に役立つネタを書いています。

先日、地図育ワークショップのイベントに小6の四つ美と参加しました。

地図育ワークショップ

「地図育ワークショップ」とは、オリエンテーリングをしながら、自分で考える力を育成するという子どものためのイベントです。地図育についての詳しい説明は「考える力」を伸ばす『地図育コラム』をご覧ください。
 
今回のワークショップは東京葛飾区の水元公園で行なわれました。
地図に書かれたいくつものチェックポイントに置かれたフラグを子どもが探すのです。ここで地図を見て判断するのは子どもです。親はついて行くだけです。子どもに答えを教えずに、
 
「現在地が地図上のどこになるのか確認してごらん」
「次のチェックポイントはどちらの方向かな?」
 
などとだけ言います。子どもが道を間違えても親は黙ってるのです。
 

早くもトラブル発生

四つ美は出発してすぐに1つ目のチェックポイントを見つけました。けれどもそのときに早くもトラブルが発生してしまったのです。
 
四つ美はチェックポイントに書かれた文字をメモしようとしてリュックからペンを取り出しました。ところがそのときに手に持っていたコンパスを落としてしまったようなのです。次のチェックポイントに向かって歩き始めたところで気がつきました。
 
これは大変です。写真のように下は草むらです。小さくて黒いコンパスは草むらでは目立ちません。私も手伝ってコンパスを探しました。
「あったっー!」
どうにか私が見つけました。でもそんなことをしているうちに、後から出発した親子に追い付かれてしまいました。
 
さらには4つ目のチェックポイントでも再びコンパスを草むらに落としてしまいます。2回のコンパス捜索でずいぶんとロスタイムが増えちゃいましたね。
 

迷ったら仮説を立ててみる

8番のチェックポイントが今回の最難関でした。現在地は地図のどこにあたるのか、分からなくなってしまったのです。
 
回りを見回してみても、目印となるものは電燈くらいしかありません。でも電燈は道にたくさんあるのでいったいどの電燈なのか区別できないのです。そこで私は四つ美に仮説を立てさせました。
  • もし現在地が地図上のA地点だったとしたら、少し先まで歩くと建物が見えるはずです。
  • もし現在地が地図上のB地点だとしたら建物はありません。
そんなふうに仮説を立てておいてから、実際に歩いてて検証する、ということをさせてみました。
 
こんなことを行って、時間がかかってしまったものの四つ美はすべてのチェックポイントを見つけることができました。以前に地図育ワークショップに参加したときは(「地図育 -何かおかしいと感じたら、振り返って確認しよう」参照)、最後のチェックポイントにたどり着く前に時間切れで終了になってしまいましたので、今回はリベンジ成功です。
 
でもこの地図育ワークショップは全部のチェックポイントをクリアできたかではなく、考え方を身につけることが肝心なのですが。
 

プログラミングのIf文も

仮説を立てて検証する、というところはプログラミングでいうとIf文に似ています。
 
プログラミングをするときは、If文で条件によって分岐してそれぞれの処理を行います。もしもこうだったら何をすべきなのか、どう判断すべきなのかを考えてそれぞれの処理を行うのです。
地図を見て進む、ということにおいてもプログラミングに必要な条件判断をする力が養われるのです。
 
 
地図育についてもっと知りたい人は「考える力」を伸ばす『地図育コラム』をご覧ください。
————————————————————————–

子どもにとってプログラミング教育はなぜ必要なのでしょうか? こちらをぜひご覧ください。「なぜプログラミング?」

初心者がプログラミングをちょっと学んでみたいとき、エクセルで始めることをおススメしています。こちらをぜひご覧ください。「なぜエクセル?」



「週末パパ講座で子どもに自分で考える力を着けさせる3つの方法」
紙の本電子書籍
電子書籍は、KindleUnlimitedの読み放題の対象です。


忙しいSEも『育児ナシ』を卒業
KindleUnlimited対象の電子書籍です。

電子書籍を出版してみたい人がいましたらサポートいたします。


電子書籍とPODの出版をサポートします

 

ブログを書けずに困っている人がいましたらお手伝いします。


ブログのスキマ、お埋めします!

Follow me!

About あべっかん

私には4人の子どもがいます。子どもの教育について体験したこと、考えたことをこのサイトで伝えます。 また、私はITエンジニアで、@ITというサイトにコラムを書いています。このサイトでは特にプログラミング教育についても伝えていきます。 学校でプログラミング教育が導入されることになりました。 子どもにプログラミングを教えることは何のためになるのか? をこのサイトで伝えます。 そもそも親世代は、プログラマーを目指した人以外はプログラミングのことを知らないと思います。そんなかたに、プログラミングってこういうものなんだよ、やってみると面白いんだよ、というのを体験して知ってもらいたい、と私は考えています。 リンクやシェアは大歓迎です。いいネと思った記事がありましたらどんどんシェアしてください!
URL :
TRACKBACK URL :

Comment

*
DigiPress

two × 1 =

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Comment on Facebook

Return Top